こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プリハードン鋼HPM1の焼きバメ温度と締め代

(1)プリハードン鋼HPM1の焼きバメ温度
(2)φ33に対しての焼きバメ締め代はどれくらいでしょうか?
(寸法的にどれくらい開くのでしょうか?)
代理での質問なので、私自身が内容を把握していませんが、これを聞いてくれと言われた内容なので不備がありましたら、指摘願います。

投稿日時 - 2019-11-07 16:53:45

QNo.9676090

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

参考URLは、φ13の場合の例が、丁寧に説明されています。
お問い合わせはφ33なので、この例に比べて熱膨張による寸法変化が大きくなるので、作業時間に対する余裕が生じると思います。

前例のとおり、はめあいの公差を軸側がp6(+42~+26μm)、穴側がH7(+25~-0μm)と仮定すれば、
もっとも締め代が多い場合が42μm、もっとも締め代が少ない場合に1μmとなります。
この場合、φ33の穴を42μm以上熱膨張させれば、焼嵌めができます。
作業上の余裕を考慮して、42μmの1.5倍に相当する63μm膨張させるとすれば、
鋼の熱膨張係数は、約10ppm/℃ですから、
63μm÷(φ33×10ppm/℃)=191℃ほど温度上昇させればよさそうです。

上記の場合では、最小の締め代が1μmしかなく、少々心もとないので、
穴側の公差をH7に固定して、軸側の公差をr6(+50~+34μm)とすれば、
もっとも締め代が多い場合が50μm、もっとも締め代が少ない場合に9μmとなります。
この場合、φ33の穴を50μm以上熱膨張させれば、焼嵌めができます。
作業上の余裕を考慮して、50μmの1.5倍に相当する75μm膨張させるとすれば、
鋼の熱膨張係数は、約10ppm/℃ですから、
75μm÷(φ33×10ppm/℃)=227℃ほど温度上昇させればよさそうです。

この程度の温度上昇であれば、低温焼き戻しの温度範囲なので、HPM1に対する影響は大きくないように思います。

参考URL:https://mori.nc-net.or.jp/qa9450790.html

投稿日時 - 2019-11-08 11:24:08

お礼

ohkawa3様
大変ご丁寧にありがとうございます。
依頼主も大変喜んでおりました、
内容的にも十分ですので、ベストアンサーとさせて頂きます。

投稿日時 - 2019-11-11 18:52:10

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問