こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ガラス割れ

リードスイッチが割れてしまう原因を調査しています。

リードスイッチ使用したスイッチを購入しています。
メーカーの仕様範囲内で使用しており、使用初期は通常に使用できています。
しかしながら、約3年使用後にスイッチの動作が不安定(ONからOFFのするときにチャタリングが発生)となり、調査を行いました。
結果、リードスイッチのガラスが輪切り状態で二分割に割れていました。
(割れたガラスどうしを合わせると合わさる)

ガラスが2分割で割れた理由は何かを調べるために
どのように調査を行えばよいでしょうか

投稿日時 - 2019-09-10 14:37:09

QNo.9655381

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

自社のみでの調査はやめておいた方がいいです。
素人が半端な機材で手を出しても、中々有益な回答は得られません。

既に回答があるようにメーカーに現地を見てもらい、さらに物を預けて確認してもらうのが一番いいでしょう。
実はメーカーとしては知見のある「よくあるケース」「類似事例あり」なパターンは普通にありえます。

またガラスのみにフォーカスするならそういう調査業者も存在します。
http://www.mgsl.or.jp/tests/others/tabid/102/Default.aspx

仮に自社で簡易的に確認するなら、出来るだけ性能のいいデジカメやスマホで断面をくまなく接写してみると、「あ、何か当たったっぽいぞ」程度は分かるかもしれません。

投稿日時 - 2019-09-11 20:50:56

ANo.5

NHK大科学実験
http://www.daikagaku.jp/content/vol008/
声でコップを割る

これに近い事が起きた可能性を再現するだけなら

振動試験機
http://www.imv.co.jp/products/vibrationtest/general-purpose/index.php
憶測ですが1週間も運転すればそれなりの結果が得られるんでは?

>約3年使用後
所謂、加速試験ってヤツで3年もの長期間を時間軸を短くして確認
温度加速試験はそれなりに試験方法が確立されてるらしいが
https://seihin-sekkei.com/method/arrhenius/
振動試験は必ずしも確率されてるとは限らないらしい?

投稿日時 - 2019-09-11 00:11:11

ANo.4

ガラスの専門家は、参考URLに記載のような方法で、割れの原因となった「破壊起点」を探して、割れの原因を追究します。
耳学問で真因に辿りつくことは難しいと思いますが、専門家に評価してもらった結果を受け取る際の基礎知識として知っておくことは有効と思います。

参考URL:http://www.mgsl.or.jp/tests/others/tabid/102/Default.aspx

投稿日時 - 2019-09-10 19:29:05

ANo.3

「調査」?
…専門的な意味で調査するということなら、

メーカーでの
「素材」と「製品」
という2段階における耐久テストの結果資料が必要です。

それと、
「使用頻度」
「設置状態」
「環境変化」
などを突き合わせて、比較してみる必要があります。

そこから、
「材質的な経年劣化」
「構造的な加重」
「使用環境の負荷」
など、何らかの問題箇所は見えてくるだろうと思います。

個人的な使用での損壊について個人的に調査するには技術的に限界があります。
実際に力を加えるなり折ってみて、検証による仮定を導き出すしかないでしょう。

素材的な強度と使用環境の程度が、3年という期間で「劣化」による限界に至ったと考えるのが普通だろうと思います。

投稿日時 - 2019-09-10 16:24:48

ANo.2

リードスイッチ自体の単体の不良か、ロット不良か、ガラスの厚さは正常か。
リードスイッチに異常な電流が流れた形跡(取り付け部やその周辺や接点の状態を確認)はないか。
リードスイッチの取り付け方法や取り付け状態に異常はないか。
リードスイッチ部分の周囲環境の振動や衝撃や温度変化はなかったか。

投稿日時 - 2019-09-10 15:15:37

ANo.1

メーカーの仕様範囲内で使用していたことが明白なのであれば、メーカーに調査させるのが一番です。
彼らは製品出荷前の耐久試験等を十分行った上で仕様を決定しています。
仕様範囲内での故障発生であれば、そのメーカーにスイッチを提供して原因究明と対策案を報告させれば良いでしょう。
「餅は餅屋」ですからね。十分なノウハウがあるところに検査させるのが一番です。

以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2019-09-10 15:06:14

あなたにオススメの質問