|

締切り済みの質問

ライニング材の加工

KN-7という材種で紙を固めたような素材の加工依頼がきました。加工内容はドーナツ形状のワークに外径と側面を削る仕事です。リング形状なので、nc旋盤で加工しています。ドライカットでの加工が条件です。削れるのですが、加工すると、ヒビ割れたり、加工面がボソボソ?したりして安定した仕上りにならないので困ってます
初めの20個位は綺麗に削れるのですが、それいこうは加工面がボソボソしてくるし、割れたりします。
鉄をメインで加工している為、紙?のような素材は初めてで、加工が終わると機械の中が粉まみれになり、掃除が大変ですし何よりヒビ割れするので困ってます。切削抵抗が軽くなるようにチップはアルミ用を選定してます。
ライニング材の加工法で良い方法などあれば教えて頂きたく質問させてもらいました。

投稿日時 - 2019-05-31 19:36:57

QNo.9621859

すぐに回答ほしいです

  •   
  • 回答(1)

    ANo.1

    切れ味重視がベターなのでアルミ用はある意味正解だと思います
    出来ればマスプロな刃物じゃなくロー付けで自分で研磨するのが正解です
    スクイ角を可能な限り大きく刃先は超硬K種の一番硬いのでね🙆

    投稿日時 - 2019-05-31 20:18:47

    お礼

    解答ありがとうございます?

    考えもしなかった案です。
    最初は汎用の鉄用のチップを使用してたんです。
    最初のうちからざらざらした仕上りだったので、しゃくりのあるステン、そのあとはアルミ用と変化していきました。アルミ用に変えてから20個位は良好で、それいこうはざらざらしてきます。チップをみると傷んでるんです。紙相手なのに💦
    だから先に進めなかったんです。
    新品のろうずけバイトあるので試して、報告します❗

    投稿日時 - 2019-05-31 23:23:14

    あなたにオススメの質問