こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アンカーボルトの許容引き抜き力について

アンカーボルトの許容引き抜き力は、コンクリートの許容付着応力度にアンカーボルトの付着表面積をかけることで求めれると思います。

https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%82%A2%E3%83%B3
%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88_%E8%A8%AD%E8%A8%88%E6%96%B9%E6%B3%95

許容付着応力度σa[N/mm2] = 0.7
付着面積Aa[mm2] = 直径D[mm]×π×埋め込み長さL[mm]
許容引抜き力[N] = σa[N/mm2]×Aa[mm2]

1.この値は超過するとコンクリートから抜けてしまう限界値だとの認識で間違い無いでしょうか?

2.この値に対し、実際にかけても良い引き抜き力を求める場合、安全率はどの程度考慮する必要があるよでしょうか?

3.それともこの値にすでに安全率を見込んでいるとすれば、どの程度なのでしょうか?

どなたか、ご教示頂きたくよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-02-28 23:41:20

QNo.9592420

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

回答(1)再出
建築基準法体系による長期荷重対する許容応力度と、短期荷重に対する許容応力度の比率が「1.5」なのは、鋼材の場合でした。ご指摘の通り、コンクリートの場合は、長期荷重対する許容応力度と、短期荷重に対する許容応力度の比率は「2」でした。
大変勉強になり、有難うございました。

投稿日時 - 2019-03-01 23:06:37

お礼

考え方を整理できました。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-01 23:18:57

ANo.1

引用なさった基準は、建築基準法に基づくものであって、短期荷重に対する許容力です。
建築基準法の考え方では、長期荷重に対する許容される力は、この値の1/1.5です。

なお、建築基準法の考え方は、静的な荷重で致命的な破壊が起こらないことを担保する
基準なので、繰返し荷重による疲労を考慮するなどの考慮事項があれば、更におおきな
安全率を適用した方が良い場合もあります。

投稿日時 - 2019-03-01 06:13:33

補足

示した基準が長期荷重で短期荷重は長期の2倍だと解釈していました。いただいたご回答が正解ということでよろしいのでしょうか?

投稿日時 - 2019-03-01 07:28:22

あなたにオススメの質問