こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ステンレス材の穴あけの芯ずれについて

厚み5mm程度のSUS製アングル材で長さ30mmのものをポンチを打って、バイスで固定し、φ4.2のキリで卓上ボール盤にて穴を開けると1mm程度ずれるものが多々ありました。
さらに会社ではSUS用のキリを使用しなくてもずれないと言われてしまいました。
他のベテランの方は確かにずれていません。

SUSは硬いのでポンチは鉄に比べて凹みが少ないですが、ポンチはセンターずれはしていません。
そのため考えられる原因はキリが少し斜めになっている、SUSが硬いのと焼け防止の油とでポンチ位置からキリが滑っている可能性があります。

対策として、アングルを万力にはさんで、キリが斜めにならないよう短めに卓上ボール盤に取り付け回転を遅くして、軽く卓上ボール盤のキリを下げていき、ポンチに自然に入るようにしたら解消しますか?
今日は少しキリが当たった程度で目視確認した時点で少しけがきよりずれていたものはありましたが、1mmもずれるとは思いませんでした。
アドバイス頂けると助かります。

投稿日時 - 2018-12-08 21:56:07

QNo.9565931

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

穴の位置がずれるのは、ポンチの「くぼみ」よりもドリルのジゼル幅が大きいからでしょう。
センタードリルで下穴をあければ位置精度を向上できるのは間違いないと思いますが工数が増えます。
まずはポンチを現状より強く打って、ドリルのジゼル幅より大きな径の「くぼみ」をつければ改善できると思います。

投稿日時 - 2018-12-09 02:34:22

補足

ポンチでチゼル幅より大きなくぼみを作ろうとしましたが、先輩からポンチ叩きは2回程度で良いと言われました。
そのため、チゼル幅を0に近くキリを加工してから穴明けをします。

投稿日時 - 2018-12-09 13:28:01

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-09 13:16:29

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ポンチの穴径はどれくらいですか?
4.2のシンニングより小さいとは思えないのですが?
しかも最近のドリルはもみつけ不要なXシンニングも普通になりつつありますし

やはり、使用のドリルが直径に対し長く加工時の硬化で切れ味で鈍った刃先で加工してるからと推測しましす

お使いのドリルのデータ等々必要ですね

投稿日時 - 2018-12-09 04:58:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
ポンチ穴は小さいですよ
硬化もあると思います

投稿日時 - 2018-12-09 12:59:54

ANo.3

4.2キリの前に、センタードリルでモミツケは出来ないのでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-09 00:45:09

お礼

可能ですが、工程が増えます。
ただ製品数に限りがある場合、その方が無難ですね

投稿日時 - 2018-12-09 13:18:51

まず誤解をしている様なので、その点を言います
1、SUS は硬くないです
2、逆に粘りがあります
3、硬く感じるのは加工時のストレスから加工硬化を起こすからです
4、熱伝導性が悪いです
5、よって刃先に熱が溜まり高温になり、刃先の硬度が落ちます

硬いと思い込む方が多いです

加工時のポイントは先の点を考慮し
1、送りを落とすと駄目です、落とすなら切削速度です
2、3、刃先はより鋭いSUS 用を使います
4、5、極圧剤の添加されたオイルを使うか水溶性をたっぷり掛けます

質問時は
工具の種類、メーカー、型式、材質、コーティングなどに

切削条件、回転数、送りを表記下さい
ご自分のは勿論、巧くいっている先輩のもです

少ないデータでは的確な回答が出来ません

投稿日時 - 2018-12-08 22:45:22

お礼

ご回答ありがとうございました。
勉強になりました。

投稿日時 - 2018-12-09 13:20:54

ANo.1

質問があります。
卓上ボール盤は、機械制御で自動で下がる?作業者が自分で下げる?
焼け防止の油は、切削油ですよね?防錆油では無いですよね?

回転数は、工具と加工素材に合わせるようにしましょう。遅くするなら、下げる速度です。無理に削ると刃先が逃げます。

投稿日時 - 2018-12-08 22:29:08

お礼

ご回答ありがとうございます。
手動で下がるので無理に削らないようにします。

投稿日時 - 2018-12-09 13:24:19

あなたにオススメの質問