こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

釘の径と下穴の径の関係

釘の径に対して下穴の径が知りたいです。
釘を打つ材質は木材(たぶん杉?)になります。

例えば100mmのロング釘を使う予定ですが、そうすると径が4ミリ近い釘になるみたいです。
4ミリの径の釘には何ミリの下穴の径が一般的でしょか?
ちなみに釘の径が2mmと3mmの場合はどうでしょうか?
宜しくお願いします

投稿日時 - 2018-11-21 18:20:53

QNo.9560277

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

先の回答にありますが、基本的に下穴は必要な時に空けます。
杉なら、やわらかいので、割れる事は少ないですが、材料の端の方に打つ時は、どんな木材でも割れやすいです。
下穴の径ですが、今の場合4ミリ以下ですが、打ちつける材と打たれる材の関係を考えます。下穴径が細ければ、打ちつける材の利き方が強くなります。その辺りの関係は、勘が多少必要です。わからなければ、切れ端などで試してください。
もう一つ、簡易的に割れを防ぐ方法で、釘の頭(尖った方)を叩いて多少丸くして打ち込むと割れにくくなります。
どちらが良いかは、やってみてください。

投稿日時 - 2018-12-01 08:49:58

お礼

遅くなりすみません。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-28 06:41:30

ANo.2

木と釘の関係は 下穴はあってもなくてもいい。
必要なのは 薄い板で箱などを作るとき。

投稿日時 - 2018-11-21 20:42:40

お礼

遅くなりすみません。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-28 06:41:40

ANo.1

釘を打ち付ける場合は、原則として、下穴を開けません。
下穴をあけるときもありますが、くぎを打つことにより、板などが割れて、都合が悪い時だけです。

投稿日時 - 2018-11-21 19:29:51

お礼

遅くなりすみません。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-28 06:41:49

あなたにオススメの質問