こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

インサートナットの引き抜き強度算出について

樹脂にアヤメローレットタイプのナットを熱圧入した場合、ナットが段付きなどでなければ、回転トルク強度と引き抜き強度は同じと考えて良いのでしょうか?

また、あくまで同じと考える場合、トルク量(N・m)から引き抜き強度(Pa)を計算で求める事は可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-18 02:53:39

QNo.9559100

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

インサートナットの許容トルクがT (N・m)、アヤメローレットが施してあるナット外周の半径をR(m)とすれば、
アヤメローレット面がの許容せん断力Fは、F (N)= T (N・m) ÷ R(m)で求められます。
アヤメローレット面に方向性がなければ、このFが、許容引き抜き力に対応すると思います。

なお、上記は事象を単純な物理現象として扱っていますので、製品設計では個々の状況に応じて更に考慮が必要でしょう。例えば、トルクが加わるのは、ねじを締結するその瞬間だけと想定されますが、引き抜き力が加わるのは製品の耐用期間全体とすると、樹脂のクリープ現象などを考慮して引き抜きに対しては安全率を高めて判断する必要があると思います。

投稿日時 - 2018-11-18 17:20:07

あなたにオススメの質問