こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真空内に設置するエアーシリンダーのついて

真空内(-95Kpa)にエアーシリンダーを入れようと思っています。メーカーに確認したところグリスが無くなるので寿命は早いとの事でしたが、真空用グリスを使えば問題なく動くのでしょうか。経験のある方、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-10-05 11:38:25

QNo.9544462

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

簡単にまとめれば、真空内潤滑用グリスを使えば問題ないです。
ただし、グリス交換をメーカーではなく、自身で行う場合は、真空封止用グリスを間違えて使わないように注意が必要です。

投稿日時 - 2018-10-11 08:00:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

真空は引きっぱなしでしょうか、それとも、排気と真空破壊(大気解放)を高頻度で繰り返す用途しょうか。

-95kPaだと絶対圧では約5kPaとなり、グリスの基油の飽和蒸気圧(約0.001Pa)に比べ、十分に高い圧力です。
そのため、真空が引きっぱなしで流れが無い環境であれば、基油の蒸気は飽和状態となり、蒸発は停止します。一方で、真空排気と真空破壊を繰り返す場合、蒸発した基油の蒸気が真空破壊の度に除去されてしまうので、基油の減少が発生します。
(今回は該当シませんが、真空排気後の圧力が飽和蒸気圧を下回ると、基油の蒸気を排気し続けるので、急速に基油が無くなります。)

なので、引きっぱなしなら、グリス蒸発の心配は不要ですし、真空排気・真空破壊を繰り返すなら、排気する体積・頻度からグリス蒸発の最大速度を計算し、飽和蒸気圧の低いシリコンオイルベースやフッ素オイルベースの採用を検討します。

ただ、シリコンオイルやフッ素オイルは、炭化水素オイル(普通のオイル)に比べて、潤滑性が低いので荷重には注意が必要です。

低荷重なら、面倒だから真空グリスと言う選択もありではあります。
この場合は、アピエゾンやバリエルタが有名ですね。
(バリエルタIS/Vなら超高真空でも使えます。高いけど…)

後、真空グリスというと、真空封止部分の微細な凹凸を塞ぐ目的の物も有るので、注意が必要です。
シリコンオイルにシリカを混ぜた物なので、潤滑用途に使うと異常磨耗の恐れが有ります。
(信越シリコンのHIVACーGなどです。)

投稿日時 - 2018-10-05 19:25:47

お礼

回答ありがとうございます。ただ難しくてよく理解できません。真空と大気開放の繰り返しです。シリンダーは大気時のみ動かします。真空時はシリンダー内のバネで固定で約3分で一回動きます。真空グリスで可能と判断してもいいでしょうか。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-10-09 09:03:25

あなたにオススメの質問