こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

シリコン熱風加硫は表面洗浄が必要?

アルミのダイカスト品にシール材としてシリコンを押し出してから熱風加硫をしています。その前ステップでは本体を洗浄をしています。
洗浄を省きたいと考えており洗浄なしで加硫するとなぜか未加硫のような状態になりシリコン表面も粘着性があるまま、アルミとの界面も黒いシリコンの端がアルミ側に密着してしまいます。
コンタミがアルミとシリコンの加硫を妨げているものとしかと考えられません。やはり洗浄は必要なのでしょうか?

投稿日時 - 2018-09-18 20:10:41

QNo.9538593

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

参考URLの8ページ下部の「硬化阻害について」をご覧ください。
「熱硬化」タイプのシリコーンをお使いのようですので、基本的な分類は「付加反応型」と思われます。
「付加反応型」のデメリットは、「硬化阻害」が起きやすいことが記載されています。

従来通り洗浄を行うか、シリコーンを「縮合反応型」に変更するなどの対応が一般的と思います。
シリコーンRTVのメーカーに問い合わせれば、適切なタイプを選択してもらえると思います。

参考URL:https://www.silicone.jp/catalog/pdf/rtv_ele_j.pdf

投稿日時 - 2018-09-18 21:49:57

あなたにオススメの質問