こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

回転軸の振れ量の計算について

軸長さが600mmと長く、中実軸の外側に中空軸があり隙間が狭いので、使用回転数での振れ量を検討して図面に全振れ量として幾何公差に反映させようと考えています。
軸の両端はベアリング支持でギアで入出力しており、軸中央部には力はかからない構造です。

投稿日時 - 2018-06-14 15:53:12

QNo.9508266

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

使用回転数での振れ量をどうやってそくていするのでしょう?

投稿日時 - 2018-06-15 06:06:52

お礼

返信ありがとうございました。
使用回転数での測定ではなく、静止状態で測定できればと考えていました。
相談内容も分かり難かったと思いますので、もう一度じっくり検討します。

投稿日時 - 2018-07-20 11:38:34

ANo.2

何を計算するのかが不明
図面に謳ってあればその通りに組み付けるだけです

投稿日時 - 2018-06-14 23:59:27

お礼

返信ありがとうございました。
相談内容が分かり難く、申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2018-07-20 11:40:56

ANo.1

中空軸の中の空間に、より細い軸が配置された構造であって、長さが600mmであることは分かりました。
両端がベアリングで支持されているとのことですが、外側の中空軸と、内側の細い軸は、それぞれどのような構造で支持されているのでしょうか? 私の乏しい想像力では、ご質問者さんが想定なさっている構造が推測できません。恐れ入りますが、外側と内側の軸の支持構造について、補足して頂きたいと思います。

>使用回転数での振れ量を検討して図面に全振れ量として幾何公差に反映
設計目標を図面に記載することに異議を申し上げるつもりはありませんが、内側の軸の動的な振れをどのように測定して合否判定なさるのでしょうか? 加工業者さんが測定可能な公差を指定することが、発注側/受注側双方に有益と思います。

投稿日時 - 2018-06-14 21:01:49

お礼

返信ありがとうございました。
相談内容に情報が不足しておりすみません。
今後は具体的に記載するように注意します。

全振れ量については、他部門より設計上あった方がいいのではとの意見があり検討していました。
従来部品に参考となる図面がなかったため、こちらで相談させて頂きましたが、
加工業者と相談して妥協できるところにしようと考えています。

投稿日時 - 2018-07-20 11:50:20

あなたにオススメの質問