こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

温度試験の必要性

既存の製品の発信器が製造中止のため、代替発信器を使用することにしました。
念のため温度サイクル試験を行っていた方が良いと言われたのですが、
必要でしょうか?
必要な場合その目的は何なのでしょう

投稿日時 - 2018-05-16 13:20:24

QNo.9499007

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

温度サイクル試験の条件と判定条件が適切ならするべきです。

定格、仕様などが同一であることは、部品の性能(特性)が同じであることを示しますが、信頼性(品質)が代替可能かはそれらからでは判りません。
しかし、実際に使われる状態で実用試験をすると上市のタイミングを逃します。
そこで、加速試験とよばれる試験で、実際の商品ライフの期間を評価(推定)します。

温度サイクル試験は、温度が定期的に変わることで材料の熱膨張と熱収縮を意図的に繰り返し、実際に使われるときより劣化が早く起こるようにして評価する試験です。他にも温度の変化を急激にする熱衝撃サイクル試験とか、高い温度で保管して変化を見る高温保存試験、逆に冷たい環境にさらす低温保存試験、電位をかけるバイアス試験、高温多湿の環境にさらす高温高湿試験など、色々な促進試験が評価目的に合わせて行われます。

促進試験はあくまでも代替試験なので、ここまでこの条件で持ったから、実用では何年大丈夫と100%は言い切れません。しかし、保守的になりすぎて試験条件をきつくすると結局部品が高価なものになって商品競争力を失います。実際の製品寿命に合わせた適切な試験条件を選ぶことが重要です。試験条件と判定基準は、JIS、ISO、ANSI、JEDECなどの標準が使えるならそれを参考にするといいです。無い場合は、まずは部品メーカーで何らかの試験をしていることが多いので、そのデータを貰い、なぜその試験と条件を採用したかを参考にするといいと思います。

投稿日時 - 2018-05-16 14:35:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

それはご自分の会社の品質基準の問題ではないでしょうか?

その必要性が車内で分からなくなっているようであれば、その会社の品質管理は、かなりひどい状態になっているものと思いますが。。。

発信機は、その使われている部品によって、温度でのドリフトが起こります。
そのドリフトが使用条件に合わなければ、ダメなものですし、
製造上で使われている半田などの質、基盤の材質なども、温度サイクル試験で半田クラックなどとして発生する可能性もあります。

ただ、常温で動いているからOKというのは、今ではしろーとレベルの製品か、中国の3流メーカーの製品での話です。
今は、中国でも2流メーカー程度でも、様々な試験は行なっており、品質を確認しています。

なので、それらの試験をしないというのであれば、それら以下の製品を作っている会社という話になってしまうのですが。。。

試験は理由があるから行います。
その試験は何のために行うのかは、その試験を必要とする会社が理解しているはずで、それが分からないというのが、会社自体に問題が出ているのかもしれませんね。
その程度をこんなところで質問されている状態となると、あなたの会社のレベルが非常に低いということを書かれている状態という話になってしまいますが。。。

投稿日時 - 2018-05-16 14:15:09

お礼

厳しいご回答いただきありがとうございました。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2018-05-16 16:52:22

あなたにオススメの質問