こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ISOのノギスの校正について

ISO9001ではノギスなどの計測器の校正についてどのように定められているのでしょうか?
弊社では、セラキャリパCC300を使って社内でノギスの校正をしています。300mmのノギスを校正する場合、20・50・100・150・200・250・300mmの測定箇所でジョウの先・中・元で外側、内側を測定します。
ブロックゲージでも出来るといった話を聞きますが、組み合わせによる不確かさなどを考えると本当に校正できるのか疑問です。また、測定箇所についても、25mmまでを測定し合格としている会社もあると聞きます。実用的な話ではなく、あくまでISOのルールに則った場合に、こういった方法でも問題ないのでしょうか?
ご教示お願い致します。

投稿日時 - 2018-04-19 20:16:12

QNo.9490268

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

御社のQMSでどのように規定しているか次第ではありますが、
御社の製品の品質(表明値に対する実態のずれ)が適切に管理できる仕組みが
整っているか否かで判定されると思います。

製品仕様として寸法を厳密に管理する必要がある製品と、日用雑器など寸法が
さほど重要ではない製品を一括りに扱う必要はありません。

ISO9000シリーズの基本的な考え方とすれば、対象製品の品質を適切に管理で
きるように、御社自身が管理基準を決めればいいことと思います。
その際に、どの基準を採用するかは、対象製品の品質管理に対して適切であれ
ば、御社の裁量に任されると思います。

投稿日時 - 2018-04-19 21:13:59

お礼

ご回答ありがとうございます。
自分たちで決めた管理基準を見直して、品質が管理できる範囲でもっと楽にできないか検討してみます。

投稿日時 - 2018-04-20 19:48:04

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 
ブロックゲージの精度をご存知ですか?
普通級で100m以下の長さの精度は0.8ミクロン、ノギスはデジタルでも最小読は0.01mm=10ミクロン
普通はノギスに求める精度は0.1mmか0.05mmです、それ以下は力の入れ方で測定値にばらつきがでます

普通はマイクロメーターの校正にもブロックゲージを使います
 

投稿日時 - 2018-04-20 21:01:52

お礼

ブロックゲージ自体の精度が高いのは重々承知しておりますが、リンギング時に手で触って熱膨張の緩和時間を設けなければならないのと、リンギング自体が正しく出来ていないと精度が出ないという点でばらつく可能性がセラキャリパチェッカよりも高いという意味でした。
説明が下手ですみません。

投稿日時 - 2018-04-21 08:39:25

ANo.1

 
ISOでは校正するか、しないか、どんな方法で校正するかを決めて実行せよと書かれてます。
具体的な方法は書かれてません、但しその方法については合理的な理由が必要です
なお、ブロックゲージは組み合わせて使うもので組み合わせによる精度の悪化はノギスに比べて十分に小さい
 

投稿日時 - 2018-04-19 20:24:57

お礼

ご回答ありがとうございます。
自分たちで決めていいのですね。
個人的な意見としてブロックゲージは手で触ったり、作業者の力量で変化しやすいので、ばらつきやすいと思っています。

投稿日時 - 2018-04-20 19:43:49

あなたにオススメの質問