こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高温雰囲気中(120℃)での外径寸法測定

高温雰囲気中のゴムホースの外径測定について困っています。
現在は保護具を着用し、槽のドアを開けノギスを使用して十時測定しています。
レーザー等でも高温雰囲気に設置出来る物があれば良いのですが、簡単には見つかりませんでした。
槽は一方向には覗き窓が有りますが、内側に金網が有るので外からの測定は難しいと思います。
ノギスの替わりにクランプメーターの様な形状で、数秒で測定できる物があれば良いと思っています。
アドバイスを頂けると幸いです。

投稿日時 - 2017-01-26 08:06:00

QNo.9475855

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ダイヤルゲージ

投稿日時 - 2017-01-27 21:25:00

正確に測定しようとするならば、スーパーインバー材などの
超低熱膨張材を用いて目盛の無いノギス状の測定器を製作する
のは如何でしょうか

常温でホース外径に近い高さにブロックゲージなどでセットしてから
高温雰囲気中に十分放置後、取り出して差異をあらかじめ校正して
おけば、それなりの精度で測定できると考えます

投稿日時 - 2017-01-27 20:51:00

高温状態で測定する目的と、どの程度の精度が必要かご呈示いただけない
でしょうか?
また、現状のノギスを使った測定で、何にお困りでしょうか?
測定に時間がかかることにお困りなのでしょうか?

ノギス自体も熱膨張しますので、ノギスの温度が室温と高温雰囲気(120℃)
の中間の確定できない温度状態のノギスで測定をすることは、大きな誤差の
原因となりそうに思います。

液晶表示部をもつデジタルノギスを120℃の雰囲気に慣らした状態で使う
ことはできないと思いますが、昔からの電子回路部分をもたないメカだけ
のノギスであれば、120℃の雰囲気に慣らした状態で使うこともできると
思います。

ゴムホースのように、変形しやすい品物の寸法測定は、常温であっても
再現性が乏しいと思います。高温状態で測定する目的を十分に吟味した
うえで、測定方法を選定することをお勧めしたいと思います。

製品の熱膨張率が安定した特性であれば、常温に放置して寸法測定して
温度差と熱膨張率の値を使って、高温状態の寸法を計算で求めることも
検討の価値があるかもしれません。

投稿日時 - 2017-01-26 20:53:00

ど素人の思い付きですが…
ゴムホースの扁平率が小さいなら径の代わりに円周を測ってはどうでしょう?
熱膨張率が低いシリカガラスの繊維などの紐に目盛を付けてシリコンゴムかフッ素ゴムで緩いテンションかけゴムホースに巻いておきます。
上手く工夫すれば窓から目盛を視認できるかもしれません。

投稿日時 - 2017-01-26 12:10:00

あなたにオススメの質問