こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

機械図面が苦手です。

始めまして。

現在私は、職業訓練校で機械加工NC技術というコースに通っています。

今現在、授業では機械製図を学習中なのですが、物体の断面図を描くのが
とても苦手です。いまいちピンときません。

図面を読めるようになるにはどうやって学習していけばよろしいでしょうか?

立体図から三面図へ描く問題や三面図から立体図へ戻す問題集は学校から
いただきましたので、今はこれをやっています。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-03-08 16:59:00

QNo.9475795

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

満足度投票で、またカカロットちゃんが暴れてるみたい

zaumakuさんは、カカロットちゃんに、お仲間認識されたみたいね。www
 

投稿日時 - 2017-03-11 18:21:00

ANo.11

>>原則として複雑な立体というのはNC図面には少ないはずで
金型ならいっぱいある


最近?といっても10年ぐらい前から
5軸のものならいっぱいある

https://www.youtube.com/watch?v=CqePrbeAQoM

高速MCでアルミなら半日もあればできる 鉄だと1日

溶接による不具合もなく
ひずみも少ない

CAD/CAM入れて知ってる人がちゃんと立ち上げ
おばちゃんに教えればシロートでもできる

ただ溶接信者(溶接品は安い)と2DCADもうもく者によって

技術力を阻害されてる


金型がいい例でCAD/CAM・MCを使って中国に持っていかれた

レス違い

投稿日時 - 2017-03-11 17:19:00

ANo.10

些か無責任に思える回答も散見されますが...

>>立体図から三面図へ描く問題や三面図から立体図へ戻す問題集は学校から
>>いただきましたので、今はこれをやっています。

先ずはこの問題集を繰り返しご理解できるまでやり込むことが一番でしょう
出来なかった問題は、回答をみて理解するまで一生懸命イメージを膨らませる
ことにより、だんだんとコツがつかめてくると思います

投稿日時 - 2017-03-11 14:36:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

問題集をすべてやり終わるところを目指していきます。
そして何度も繰り返し問題集を理解できるまでやって行こうと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-03-11 21:42:00

まずは機械加工の基本は理解してるのかな。
直線状や平面の加工
軸対称の加工
基本これだけしか効率の良い機械加工方法はありません
あとはこれの組み合わせでしかない。

図面の構成要素もこの2つの組み合わせに還元できることが多いです
原則として複雑な立体というのはNC図面には少ないはずで
図面の各部がどのような基本要素の組み合わせか考えれば
理解しやすいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2017-03-10 16:33:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

機械加工の基本はまだまだ未熟だと感じています。
これから学校でも機械加工の基本を学び実践していくので、
基本がしっかりできるように精進していきます。

投稿日時 - 2017-03-11 21:41:00

投稿の趣旨は何?
毎回同じようなことをアドバイスしてます。
断面図のみ?図面そのもの?3角法?
製図の本は購入してますか。
不明な点をはっきりさせないと次に進めません。
「機械加工NC技術」
図面の理解→加工方法→NC となり結構難しいですね。
弊社でマイクロスコープをQCに買ってやったんですが
3ヶ月を過ぎても使えません。
購入時はメーカーから来てもらい1時間ほど説明を受けさせました。
わかってる操作手順を書き出し不明な点をメーカーにメールで問い合わせしろと
言ってますが、手順を書かない、メールで問い合わせをしない
だから当然何年たっても使えるはずがない。
QC全員使えません。
根本的に勉強意欲はない。スキルアップの意欲がない。
でも腹の中では給料アップを望んでる。
ということで貴君も一歩一歩不明な点を解決すべき本を熟読
ここに投稿するを続けたら如何か。
これでいいやではそこで終わり。
数年先、年下のヤツから指示を受ける立場にならないように
日々勉強です。
これに懲りずに再度投稿しましょう。
只(金額不要)じゃないか。

投稿日時 - 2017-03-10 09:13:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

これに懲りずに何度も投稿して不明点を一つ一つ無くして行きたいとおもいます。

投稿日時 - 2017-03-11 21:39:00

MGでもHGも設計者が買うべきものであって
加工者はそこまでやらんでも

https://www.youtube.com/watch?v=rDGLcoG0yuE
V2ガソダム


ちなみにここまでくると
神ですなぁ
https://www.youtube.com/watch?v=RClo9xuBynQ


私を壊した生産技術者に見せてやりたい
フィードバックせんでも転ばないんだよ(脱調)

たまに沸くms(マシンサイクル)0.5秒で云々とかいう奴には見てほしい

投稿日時 - 2017-03-10 04:16:00

お礼

ご回答いただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-03-11 21:38:00

>あと、HG以上のガンプラを作るのも空間認識能力作成に役立つかも…
http://bandai-hobby.net/brand/hg/
ハイグレードでなく普通のガンプラでも良いのでは?

ガンプラじゃなくて普通のプラモでも
http://www.tamiya.com/scale/index.htm
本当は動かないヤツじゃあなくて動くヤツの方が良いのだが
http://www.tamiya.com/japan/rc/index.html

それらに付属してる設計図、組立図は小学生にも理解可能なように記載してある
よーするに図面の読み方書き方をそこから学べる

何でも良いから月に1台づつくらい作ってみては?

本来なら小中学生の頃にやり尽して
その成れの果てとして技術者になるのが昔の常識だったのだが

現代では必ずしもそうでもなくて
技術者として採用されるまでプラモさえ作った事ないと豪語する輩は珍しくない

投稿日時 - 2017-03-09 16:30:00

お礼

ガンプラも予算が合えば作ってみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-03-11 21:38:00

なんとなくできるようになっていた人間なので的外れ化もしれませんが。

edrawingsという無料3D CADデータ閲覧ソフトがあります。
断面表示機能もあるので色々なメーカーが出してる3D CADデータを輪切りにしてみるといいかもです。

がっつりやるなら無料の3D CADやモデリングソフトを入れて自分でモデル作るとかもありかも。
AutoDeskの123DとかGoogleスケッチアップとかいろいろあります。
操作習熟と普通に勉強とどっちが早いかわかりませんが…

あと、HG以上のガンプラを作るのも空間認識能力作成に役立つかも…
お財布に取っても痛いですが…

投稿日時 - 2017-03-09 08:31:00

お礼

学校ではAutoDeskを薦められました。3DCADソフトを一度入れて試してみようとおもいます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-03-11 21:37:00

私の初心の頃は実務に於いて、図面から材料積算がとても多く任されました。
ただ漠然と「見ている」だけでは中々脳の記憶の奥底には定着しませんw
目で「見て」手を「動かし」頭を「掻く」など五感をフルに使うことです。

先の回答者さんらも同じですね。見るだけではなく「触感」も使うわけですね。
人それぞれに見合った記憶法や、やり方があろうと思われますので自分に合った
型を見つけることが良いでしょう。「見る」だけで身に付いたら凄いと思う。

何時も言いますが苦労して身に付けたものは忘れたくても忘れられないものです。

投稿日時 - 2017-03-08 23:27:00

お礼

見るだけでなく、実際に手に取ることが大事なんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-03-11 21:35:00

小学校の科目の“工作”好きですか?
もしそうだったら、発泡スチロールなどで各種の立体を作り、
熱線カッターで様々な断面を切り出してみてください。
3Dと2Dの関係を自分自身に身近なものとして受け止めることができる
と思います。

覚えよう・考えよう・理解しよう などと思わないでください。
手を動かして、現物を目で見て、感覚として捉えることをお勧めします。

冷たい言い方になりますが、
“工作”が嫌いで、手を動かすことが億劫であればアプローチを変える必要
があります。場合によっては、機械加工以外の職業をこれから再選択するこ
とも視野に入れた方がいいと思います。

投稿日時 - 2017-03-08 21:22:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

発泡スチロールもよさそうですが、粘土で実際に形を作ってみようとおもいます。
ありがとうとざいました。

投稿日時 - 2017-03-11 21:35:00

私は、20年ほど機械設計の仕事をしていますが、最近はもっぱら検図をする立場です。
私のステップで考えると、描けるようになれば、読める様にもなると思います。

私の経験上の感覚になりますが、描くのも、読むのも立体形状を頭の中でどれだけイメージできるかがカギだと思います。
テキスト等にに書いてある立体図は、所詮2D(2次元)なので、訓練としては不十分です。
(そういう意味では、CADの3Dも見た目は2Dなのです)

実際の立体を見て、触って学ぶのが一番だと思います。

世の中は基本3Dで出来ているので、材料には事欠かないはずです。
目にするものを「図面にするとどうなるか?」を常に考える事をしてみてはいかがでしょうか?
粘土などで形を作って、ナイフ等で切ってその断面を観察するのも良い訓練になります。
基本的な形状がわかる様になったら、あとはその形状の組み合わせる練習をしてみてください。

方法には、あう合わないがあると思いますが、参考にしてみてください。

投稿日時 - 2017-03-08 18:26:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

粘土を使って実際にどういった形になるのかを試してみます。

投稿日時 - 2017-03-11 21:34:00

加工者は読めればいいです
たくさんの図面を見ましょう

投稿日時 - 2017-03-08 17:19:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
図面たくさん読むようにします。

投稿日時 - 2017-03-11 21:32:00

あなたにオススメの質問