こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ製インボリュートスプライン現品を図面化し…

アメリカ製インボリュートスプライン現品を図面化したい

アメリカ製インボリュートスプラインの現品を図面化したいが、ノギス測定しか方法がなく、歯数は32枚、外径は141.7mm、谷径は129.8mm,歯幅は54.2mm,歯のピッチはノギス測定で約12.7mm以上ですが、図面化できますか?

投稿日時 - 2014-12-11 13:44:00

QNo.9473268

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

基本的にインボリュートスプラインは、規格化されています。スプラインの加工も1部していましたが、寸法の数値検査は、部品検査課で行います。それでもすべてを検査することは、困難です。スプラインは、歯車です。歯車屋さんに依頼すれば、測定品の寸法は、測定値で報告されます。図面化するとは、一般に加工図を描くということになります。公差は、規格値を採用するしかありません。
質問者のスプラインは外径Φ140もあります。極めて大きな軸です。これだけ大きいと、μメータも容易には手に出来ないでしょう。それでノギスなのでしょう。しかし、”図面化できますか?”ということは、模倣品を製造したいということと解釈致しますが、寸法は、外形寸法にあたりますので、カタログ等を入手すれば、規格が分るはずです。しかし、材料、熱処理等はどうなされるのですか?。
模倣品をつくることは、出来なくはありませんが、相当の苦労が付きまといます。人命にも配慮なされてください。
少し言い過ぎたかもしれませんが、簡単ではない事を御理解ください。
お金で解決する方が容易です。専門会社に依頼することです。また御自身では、調査報告書に記載された規格を取り寄せ、良く理解してください。材料熱処理、そのスプラインの使用されている本機の特徴を理解され、スプラインの設計書を作成してください。軸径が極めて大きいので、試験することは極めて困難、万一事故が起きれば甚大な被害と想像します。”図面化できますか?”の問いについては、 ”あなたの能力次第です。” 造った人が居るのですから、全く出来ないという理由はありません。しかし私はお勧めしません。スプラインを有する機器の設計をしていましたが、退職するまで幾度も規格をみていましたが、規格を理解したか?と問われると、”いいえ”としか言えません。ANSI SAE DIN のスプラインを使用していました。
 最後に、簡単な検査方法は、下記 URL の方法です。
www.gregory-japan.com/.../116ba81a33a62c7d0e634d9a9ace654a.pdf
このゲージを持っている会社で調査していただき、相当規格を適用することです。

下記はJIS規格です。ご参考になると存じます。
kikakurui.com/b1/B1603-1995-01.html

以上ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2015-09-17 15:46:00

“図面化”とはどのような意味合いでしょうか?
「その図面をもとに、その部品を製作することができる」という意味なのか、
組立図の複数の部品の内の一部品として、概略形状と主要寸法を図示すれば
いい程度なのでしょうか?

「インボリュートスプライン」の規格を明確に把握できているか否かで、答
えが大きく異なりそうに思います。

ここまで書けば、ご質問者さん自信で判断ができるように思いますが如何で
しょうか。専門家の方からの回答を待ちたいと思います。

投稿日時 - 2014-12-11 20:08:00

あなたにオススメの質問