こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アルミダイカストの金型かじり防止策について

アルミダイカストの金型かじり防止策を検討しています。一般的に、コーティング、離型剤、冷却等考えられますが、上記3つの技術の中で、信頼性・耐久性・低コスト・短納期という点でどれが一番効果的なのでしょうか?さらに他に最新技術があれば、どなたか詳しい方、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-05-27 04:46:00

QNo.9472679

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

最近見かけるヘンな質問の共通点(もちろんココも)。
・自分で調べない
・自分で考えない
・質問内容そのものもコピペ?と思わせる内容

アナタの上司はアナタがネットへ丸投げし、もらった回答をそのまま返す行為に対策として、ネットにコピペするとまともな回答が得られない質問を考えたようです。でも素人目で見ても、モノ作りをする人間なら自分で考えて多少調べれば必ず正解にたどり着ける内容です。(但し前提となる着想や目標となる条件に問題があるケースは難癖を付けるなどして却下の方向)

一連の質問はアナタの苦しみも少なからず感じますが、アナタをちゃんと育てようとする上司の切実な思いも滲み出ています。
「そんなのは難癖だ」と思われる上司の指摘や質問は「それの前のところに自分で気づけないとマズいレベルの間違いが有る」ということです。

投稿日時 - 2013-06-03 09:00:00

お礼

お返事ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-04 04:35:00

分割入子にできる部位ならば、そうした方がいいと思います。それに水冷孔を通す(水冷強化)。
その分割入子だけなら、表面処理してもそれほど割高にはならないでしょうから、表面処理としては、安価な方から高価だけど高耐久へ向かって、窒化、酸窒化(または浸硫窒化)、TD処理、PVD等でしょう。
分割できないと、対策が限られますね。冷却孔を増やすとか、離型剤を狙いかけするとか。いっそ、かじることは覚悟して、タングステン系の粉末を放電で焼き付ける補修法なんかも、かなり普及しています。予防保全にも使えます。多少、肌の面粗さが粗くなりますが、それでよければ。というか、元々少し肌が粗い方が焼付き難いと思います。
最近は粉体系の離型剤の話も聞きますが、装置も別に必要らしく高そうですね。

投稿日時 - 2013-05-27 20:21:00

お礼

分かり易い指摘ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-06-04 04:34:00

初めて質問されるかたですね。

ご質問に記載された情報が少なすぎて具体的な回答を得るのは無理でしょう。
どのような条件で何をしようとしているのか具体的に記載されてはいかがでしょうか?

質問される前にご自分で下調べはされましたか。下調べされていれば回答を得るのに提示が必要な情報量が判る筈です。
あまりに質問で提示される情報量が少なすぎるのは、自分の時間さえ節約できれば良いと考えている回答者をなめた行動と見なされても仕方ないところです
特に「すぐに回答を」を付けたにもかかわらず質問記載が不十分な内容しか提示しないのは回答レスポンスも悪くなりますよ。

投稿日時 - 2013-05-27 10:16:00

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-30 05:54:00

あなたにオススメの質問