こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

酸素濃度計に水が入る

酸素濃度計に水が入る。(正確には濃度計付属とは別に直前の配管にフィルターが付いているのでこの部分に水が溜まるため、酸素濃度計が空気を吸えなくなる)使用状況は大気炉を使用しており炉内温度は850℃です。炉内へは窒素を入れており炉内の酸素濃度を常時監視する為に酸素濃度計を取り付けています。(ジルコニア式)稼働中には特に問題有りませんが、熱処理炉停止して再開する時に水が出ます。露点の関係なのか判りませんが原因は何だと考えればよいでしょうか。対策は熱処理炉停止立ち上げ時には酸素濃度計への導入管を閉にしておけばよいのでしょうが。原因が判らないと不安です。ご教授お願い申し上げます。

投稿日時 - 2013-12-11 11:46:00

QNo.9472115

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

一般論ですが、
梅雨時などの季節要因でもなければ、
大量に結露することもなかろうと思います。
圧縮空気の温度低下での結露と比較すれば、
圧力一定で加温後の温度低下(冷却)で大量の結露とは考えにくい。

冷却装置が付属していて、オーバークールで結露したものを
再開時に配管内に送り込んでいるように想像するけど、、、

投稿日時 - 2013-12-13 20:32:00

お礼

メーカーに問い合わせてみます。

投稿日時 - 2013-12-16 09:28:00

そもそもですが取説は読んだの?

Q3 休炉またはボイラ停止時の注意事項について
http://www.yokogawa.co.jp/an/faq/oxy/zr_general.htm#Q03
「検出器の接ガス部で結露が生じ、ダスト等を付着させることがあります。」
と、記載してありますね

更に
「また、凝縮水が溜まっていると、熱ショックでセンサが破損し使用不能となってしまいます。」
と、記載されています

もしかしたら手遅れかも

投稿日時 - 2013-12-12 22:46:00

お礼

使用している酸素濃度計はTORAY製ですが、結露関係の内容はありませんでした。メーカーに聞いてみます。

投稿日時 - 2013-12-16 09:27:00

回答(1)さんが言っているように情報不足だと思いますが

熱処理炉停止するとき、ジルコニア式酸素濃度計の
検出ガス側が先に冷えるんじゃないかな?
でヒーター側のガスからジルコニアに結露とか。

回答(1)に「ありがとうございました。」
といいながら、満足度2:のポイント付けするの?

回答が気に入らないなら、論理的に反論するのがイイと思うけどな。

結露は100℃以上の環境では生じないので
確率的には冷却水の漏水とかの方が疑わしいけど
まあ今の情報量では仕方なし。

投稿日時 - 2013-12-12 17:59:00

お礼

やはり結露ということですかね。

投稿日時 - 2013-12-16 09:13:00

>露点の関係なのか判りませんが
結露以外に水が発生する原因は、貴殿以外では誰も分かりようがないだろう
よく現状を把握すれば必ず見つかると思うので、目を皿のようにするしかないと

水がどうしても溜まるのを防げないならば、定期的に抜けば良いと思うのだが?
例えば手動or自動の排出用電磁弁を設けて、決められた時間で排出してはどうか
その他にも色々と方法はあるだろうと思う。そこを考え出すのが楽しいだろう?

投稿日時 - 2013-12-12 06:51:00

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-12 08:20:00

あなたにオススメの質問