こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

貝殻の開穀方法

ホッキ貝に似た、直径10?位のビノス貝と呼ばれる二枚貝は、貝穀が非常に硬く、中身を取り出すのに貝穀の開閉に苦慮しております。開閉器具、装置を探しています。

投稿日時 - 2012-03-16 16:58:00

QNo.9471699

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

質問が、貝だけに。。。そろそろ、閉じましょう  なんちゃってw

質問者からのレスが全く無いとは何事かー?

ホッキだけにホッタら可視(苦)

投稿日時 - 2012-03-23 06:46:00

炭酸カルシウムみたいなので、酢酸で溶けるか試してみるのも手かと。
後は普通にピンポイントで蝶番部を粉砕ですかね。

アイデア募るよりも実際作って欲しいとかでないと、多分物は手に入りませんよ。丸投げの商社さんとかでなければ、ここででも製作者見つかると思います。

投稿日時 - 2012-03-21 20:32:00

食産って金の匂いはするけど
もうからないから
(投資する人がいない & 投資する人が零細やメカに弱い人)
疎いんだと思う


中国当たりで人海戦術何でしょうか現状は



作るとあれば開発になってしまうと思います
要は金がかかる

投稿日時 - 2012-03-21 00:35:00

アコヤ貝の抑制作業(生かさぬよう殺さぬよう)には幾分感心しました
しかし鮮度を落として開口させ易くするという意味だけでは、中身を取り出す
という今回の趣旨(鮮度重視)からは、間違いなく使えないだろうと推察する

また、強引に力で開けようとするのは全く素人の考え方であり話にならない

ただし、特許・実用新案検索で探してもみたが二枚貝の開口機として実用可能
なものは極めて少ない。少し気になるのが振動を与えると開口し易くなると
いうものもあったが。。。これも、かなり怪しい面があると私は思います

最も実用的と私の目に留まったのが、下記の開柱:靭帯部と其処では呼んでた
が、ここを加熱したりして局所的に弱体化させるものなのだが、加熱はあかん
常温で、できれるのであれば特許モノであろうことは間違いないと思います

投稿日時 - 2012-03-20 22:41:00

何はともあれ、最大のネックは取り出した中身をどのようなモノを求めるかだ
つまりグチャグチャになっても良いのか?貝殻の破片や粉が入り込んでも良い?
熱を加えても構わないのか?つまり食用ならば、その方法によっても商品価値が
大きく異なる筈であろうから、これを語らずして何をか言わんやっと思うけど
生で無くて良いならば、色々と方法はあるんだけど・・・言える訳は無いです

投稿日時 - 2012-03-17 12:15:00

ビノス貝を調べたら、大アサリ(ビノス貝)となっていて、二枚貝の合わせ部が波を
うっていないので、安心しました。

開閉器具って感じなら、
◆ ビノス貝を仮固定する、凹形状のもの
◆ 鑿(のみ)見たいな工具的道具 + 持つ部分が十文字になっていて回転がし易い
等の機能を備えた道具を、先ずは作ることですね。

そして、手動で少しやっみて、半自動、全自動と構想をねってください。

投稿日時 - 2012-03-17 09:30:00

その貝専用が既にあるかどうかは疑問なので

  http://item.rakuten.co.jp/c-navi/632090/
  逆開きプライヤ

を変形して試すとか。
特注は昔なら各地にあった鍛冶屋のお仕事ですね。
今なら三條、関、三木あたりで業者を探すことになろうかと思います。

真珠のアコヤガイに核を入れる作業があり『開口器』が使われてます。
  http://www.doi-pearl.co.jp/yousyoku.html
これは貝に傷を付けるのはまずく、使い方が違うでしょうが、イメージ近いのでは

投稿日時 - 2012-03-16 20:58:00

あなたにオススメの質問