こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

エアースピンドル

エアースピンドルに軸径4電着径6のダイヤで、超硬を深さ3ミリ横10ミリ
奥4ミリの掘り込み加工をしたいのですが、
加工方法と注意点などを教えてください。

すいません前の掘り込み説明では
座ぐり穴をイメージしてしまいますね。

加工は超硬板端面より奥へ4ミリの加工です。

電極で創成加工というのですか。無知な為不快な思いをさせてしまいました。
弊社にもNC放電はあるのですが、掘り込み加工後に超硬チップをロー付けするのですが、放電加工の面粗さは良好にもかかわらず、お客より放電加工は
付にくいとの指摘があり放電加工以外の加工を探しています。
良い加工方法が有りましたら教えてください。

投稿日時 - 2012-07-02 09:41:00

QNo.9471213

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

再出

>放電加工の面粗さは良好にもかかわらず、お客より放電加工は
 付にくいとの指摘があり放電加工以外の加工を探しています。

これは磨きで解決できます。金型では殆どに行うため磨きの機械を持つことも。それにはエアースピンドルと類似のものもあります。

  モーター駆動リューター
  http://item.rakuten.co.jp/c-navi/441-705/
  エアー式往復動
  http://item.rakuten.co.jp/techno-ns/nitto-200/

手作業なので、冶具用途で個数が多いなら面倒なことは判りますが、形状加工までエアスピンドルで行うのは難しさがあります。。。。

投稿日時 - 2012-07-05 23:07:00

お礼

有難うございました。

投稿日時 - 2012-07-06 09:58:00

いや、態々「創成加工」と仰ってますから
座ぐり穴と勘違いはされて居ないでしょう。
と、当人でもないのにフォローしてみます。

つまりこういう加工。

参考URL:http://www.sodick.co.jp/tech/pdf/article_s07.pdf

投稿日時 - 2012-07-02 15:26:00

お礼

有難うございました。

投稿日時 - 2012-07-03 11:38:00

直感、放電加工の勝ち。
銅タン/銀タンの電極が必要で安くはないけど、φ6丸棒電極で創成加工する。余程な面の質を要求する場合を除き時間とコストで勝つでしょう。

で、、、エアースピンドルとは冶具研でしょうか?
ではない場合、パワー、スピンドル振れと剛性、機械動作の違いなど不利なことは否めず、高精度加工も高能率加工も難しいでしょう。

  加工例
  http://www.meister-tenma.co.jp/pc/free01.html
これなど焼成前加工と放電、ワイヤー放電で荒取りしているはず。

冶具研が精度で勝れるのは貫通の加工。らせん運動を高速で繰返し砥石摩耗をキャンセルしてるからで、底突きでは不可能、加えて電着ダイヤは修正ドレスが出来ない(放電電極はドレス可能)。

書くほどに砥石加工に消極的になってきました。。。。(考慮中)

すみません。回答(2)のフォローまで頂いて。。。
従来の放電加工は反転形状の総形電極を使うだけであったのが、NCにより切削のエンドミル送り同様の加工が出来るようになり、それを創成加工と称します。


■能率良く削るのは粗い砥石。しかしエンドミルと同じ横送りすると砥粒のバラツキがそのまま
 削り面に反映され横筋が目立ち、極端にはその円周線上に切れる砥粒が無くなったらアウト。
 冶具研はチョッピングと称するZ方向に高速繰返し運動がXYの送りと併せて可能で、これなら
 横目が消える。
 マシニングで真似は出来るかもしれぬが本物にはならない。

■砥石消耗
 縦・横の送りいずれでも角が消耗する。最初からRが大きい方がライフは長い。
 Rが許容出来るか否かが加工を決めるほど。小さく仕上げるには順繰りの使い回しか粗・仕上げ
 の区別を要す。

■加工液
 底での削りを多く使用するなら、砥石底面に割をいれてスピンドルスルーが必要。
 TVの『ほこたて』でOSGが用意したようなダイヤ工具。
 横送りだけなら普通に掛けて事足りる。

■加工条件
 回転は最低2万ぐらいは欲しい。
 横送りだけなら両端のRで加工量が急増するので、縦送りで削っておきたい。
 切込み5μ、送り100ぐらいから試す。削りきれないと砥石がたわんで音が変わるので、それを
 見極める。
 砥石、スピンドルの剛性によるが、軸付砥石の研削はたわみを前提にして考える。

こんなとこですかね。
放電加工は良い機械でなかったから冶具研様の下働きばかり。
マシニングで『ホコタテ』に似たことをやったが面の質は冶具研に到底及ばず。
なので実戦経験豊富な方が登場し、出来るヨと仰れば逆に教えて欲しい。

>数が多いので、、、
特注して焼成前に削っておくべきです。

投稿日時 - 2012-07-02 10:49:00

お礼

回答有難うございました。
説明不足で加工イメージを勘違いさせてしまいました。
どうもすもません。

加工数が少ない場合は電極で放電加工もしているのですが。
数が多いのでダイヤ電着砥石と思ったのですがね、

有難うございます。

投稿日時 - 2012-07-02 14:48:00

あなたにオススメの質問