|

解決済みの質問

製造現場の測定具の管理・収納方法について

機械加工現場において、測定具の管理・収納方法について考えております。

弊社はマシニング、旋盤が30台ほどありまして個人毎にデジタルノギス
(0~200mm)、マイクロメータ(0~25mm)を所有しております。

皆さんは、測定具の収納に対し、購入時のケースをそのまま利用されてますか? それとも作業に適した自作ケースなどを使用しておりますか?

先日、客先より定期訪問の際に、作業台に仕掛の加工品を置いていた所、
その付近にノギスを置いており、指摘を受けました。
単品・短納期を主としておりまして、正直弊社ではよくある光景です。

確かに規模の大きいメーカーさんなどを訪問させていただいた際は、5Sなど
かなり進んでいる印象をよく受けますが、それなりの計画・環境(スペース)
などがあってこそだと、言い訳ながらに思います。

しかし弊社としても改善活動の風が日に日に強くなりまして、とりあえずは
前述の収納から始めたいと思うのですが、皆さんは測定具に対し

?作業終了時のみ収納(ケース)を利用している。
?作業中も基本的に、収納(ケース)(置き場)に置いている。

どちらになりますか?
また自作の場合、アルミ、デルリンなどで各測定具を模り、そこにノギスなどを収納する際に、ジョウやくちばし部分にクッション材などを利用しておりますか?

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2012-10-25 14:49:00

QNo.9470701

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

使用中はエリアを決めて底の部分に置いておく
 (90度置きにはこだわらないほうがよい)

長時間使わないときは箱に入れて 置き場所を決めておく

どこぞの5Sの中の 整理整頓というのは
使いやすい置き場所を決めてそこに置いておくという意味です

90度に置いたりするのにこだわったり
押し入れの中に詰め込んだりするのは
使いやすいを満たしていないので

5Sでは不合格です

みんな理解していないが



なお、校正は直1に行い 25mm以上のマイクロの場合↑
この場合のブロックケージは 一か所に保管しておく

0-25の場合初回測定時に校正

錆びたり壊れたりしている場合
交換するようにルールを決めるとよいです


また、壊れた場合の交換も事務的に行い
消して怒らないようにしてください


怒ると隠します


ピック・ダイヤルゲージもなども同様に管理が必要です

投稿日時 - 2012-10-25 19:24:00

お礼

有難うございます。

>怒ると隠します

その通りですね。

投稿日時 - 2012-10-30 09:00:00

  •   
  • 回答(3)

    ANo.2

    弊社は少量多品種ですが、基本的には専用の収納場所へ毎回返しています。
    収納はケース又はペフを型抜きして並べています。
    但し、これは検査用という位置づけで、工作用には個人毎で持っています。
    御社と同じように仕掛品とノギスが並んでいる事は日常茶飯事ですが、客先が訪問したときには、「測定具は収納場所で一括管理しています」と言えば納得して帰ります。ただ、使用履歴を記録なんてことしてたら1日に50件以上になってしまいますのでしていません。

    投稿日時 - 2012-10-25 17:53:00

    お礼

    有難うございます。
    やはり建前は必要ですね。

    投稿日時 - 2012-10-30 08:59:00

    ANo.1

    作業中も未使用時は収納ケースに入れて保管。収納ケース置き場はペンキ等で位置決めする。位置決め場所は落下等発生しない場所。作業終了後は盗難防止も含め検査課内で保管。持ち出し、返却の際は月日、作業者の名前を記載し使用履歴を記録。最低こんくらいは必要ではないでしょうか。
    客先が来た時はうまくやってください。指摘がこんなものだけなら良かったですよ。たとえば「計測機器の管理台帳」「点検記録=トレサビリティー」を見せろ、スピンドルが錆びている等々の指摘が無く。
    宜しく。

    投稿日時 - 2012-10-25 17:00:00

    お礼

    有難うございます。
    参考になります。

    投稿日時 - 2012-10-30 08:58:00

    あなたにオススメの質問