|

締切り済みの質問

φ0.5 長さ50mm テーパ0.2°のピンを加…

φ0.5 長さ50mm テーパ0.2°のピンを加工したいです。SKD61焼入れ材

SKD61(HRC50位)の焼入れ材を使って、φ0.5 長さ50mm テーパ0.2°のピンを加工したいです、使用機械は3軸のMCです(旋盤を使わず)。
悩んでいる結果は、まずφ11のピンを加工して、そこからφ6R1.0のラジアスエンドミルで一気に仕上げ加工ですが、ピンがボロボロです(ピンの共振は原因と思います)。
かなり難しいと思いますが、加工経験がある方はぜひ教えてください。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-01-04 18:50:00

QNo.9470391

すぐに回答ほしいです

  •   
  • 回答(3)

    ANo.3

    加工経験ありませんが、トライするなら、回答(1)さんの方法と同様になるかとも考えますが、スクエアエンドミルで等高線かスパイラル加工です。
    ラジアスエンドミルはワークを横から押してしまうことになるので良くないと思います。
    Z方向のピック量をいくらに設定するかがポイントでしょうね。

    投稿日時 - 2011-01-06 08:01:00

    お礼

    回答ありがとうございます。
    面精度を出すために、ラジアスを使いました。
    横の応力を配慮して加工してみます。

    投稿日時 - 2011-01-06 11:26:00

    ANo.2

    突き加工(Z軸送り)で仕上げると聞いたことがあります。

    あくまでも”聞いた話”であり、私は回答(1)さんのような
    テクニックは持っておりませんので参考程度としてください。

    投稿日時 - 2011-01-05 21:18:00

    お礼

    ご回答ありがとうございます。
    「突き加工(Z軸送り)で仕上げる」についてよくわかりません・・・

    投稿日時 - 2011-01-06 11:27:00

    ANo.1

    http://www.sodick.co.jp/product/processing.html
    浅切り込みにより歪み無く、薄リブ銅電極も精度良く加工が可能

    薄リブの加工


    手元にあるのは2mmですが
    じっさい0.5まで加工は出来たので
    テーパーなら無理ではない


    加工技術は一応私の武器なので
    教えられませんが


    ヒントとしては
    ラジアスエンドミルではなく
    スクエアーのエンドミルで仕上げます



    SKD61だと相当時間がかかると思います

    投稿日時 - 2011-01-04 21:17:00

    補足

    ヒントありがとうございます。
    ピンの面精度を出すために、ラジアスを使いました。
    フラットも試してみます。ありがとうございます。

    投稿日時 - 2011-01-06 11:23:00

    あなたにオススメの質問