こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

火炎・火災の輻射熱に対する遮熱について

ある屋外工場で非常時だけ燃焼するバーナがあり、その傍に監視員が居ます。
普段は燃焼していないバーナのため安全なのですが、非常時はバーナが燃焼し監視員が火炎の輻射熱に晒される事になります。
そこで「近くに退避小屋を設け、緊急時はそこに逃げ込み火炎が収まるのを待つ」という案を考えています。

素人考えなのですが、アルミ製の熱反射シート(90%以上反射)で退避小屋を囲えば、小屋の中に輻射熱は10%以下しか届かなくなります(と思います)。
もし4.73kw/m2の輻射熱を受ける場所であれば、小屋の中の輻射熱は0.473kw/m2となると思うのですが、このような使い方をして構わないものでしょうか?

またこのような件を計算なり法規なりに基づき、(有償で)提示してくれそうな企業・機関をご存じの方はおられませんか?
安全に関わることですので、出来れば過去実績のあるところがいいのですが・・・。

投稿日時 - 2011-04-05 19:17:00

QNo.9469719

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

アルミ製の熱反射シートの赤外放射に対する反射率が90%が正しいとしても、
透過率が10%ということは適切でないようにおもいます。おそらく透過率は
10%よりずっと小さく0%に近いでしょう。
そうであれば、小屋の中には熱が伝わらないかと言えば、そういうことでは
ありません。反射率が90%と言うことは吸収率が10%と解釈することが適切
と思います。小屋の壁面は、4.73kW/m2の10%である0.473kW/m2の輻射熱を
受けて温度上昇します。この温度上昇により、波長の長い赤外放射と対流が
発生して壁の温度上昇が決まります。

私の気づいたことをいくつか記載します。
1)アルミ反射シートの反射率を90%以上に保つには、表面の清掃が欠かせない
 と思います。遮熱性能を確保するために、定期的に(例えば毎週)清掃で
 きる条件が整っているか気がかりです。
2)壁面の温度が上昇するには時間が掛かります。火炎が収まるまでの時間が
 限定できるのであれば、避難小屋の構想は成り立つ可能性があるように
 思います。仮に、反射率の維持が難しくても、壁の断熱性能を高く設計
 したり、熱容量を大きく設計することで、避難した人間の安全を確保する
 設計可能性はあるように思います。

投稿日時 - 2011-04-06 23:07:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
本件の場合、火炎に晒される時間は数分間であり、火炎の反対側の小屋の壁は無く熱がこもりにくい構造のため、退避小屋の構想がありえない物ではないと思っています。
ご指摘いただいた、表面の清浄度維持の件は注意して管理しようと思います。

投稿日時 - 2011-04-07 06:49:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

まずは、4年前にした「すぐに回答を」質問をきちんと終了しましょう。
無責任な行動をとるような人物に安全について質問されても困るよ。

投稿日時 - 2011-04-05 22:12:00

あなたにオススメの質問