こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

初心者です。教えてください。

ボンデ鋼板を溶接して製作した物の塗装で困っています。
塗装は下塗り(プライマー)なしで、焼き付けを実施しましたが、溶接部周辺がうまく仕上がりません。塗装前の溶接部周辺には白い粉が付着しており、塗装後も白い部分が残っています。出来るだけ拭き取ってから塗装するようにしましたが、うまくふき取れません。これが塗装がうまくいかない原因か?と思います。
?白い粉は何でしょうか?
?白い粉を簡単に除去する方法はあるのでしょうか?
?白い粉は、塗装にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?
?どのような塗装工程がよいのでしょうか?
ご指導お願い致します。

投稿日時 - 2011-05-07 22:11:00

QNo.9469490

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

白い粉は何か?
ボンデ鋼板を溶接しているんだから、溶接の熱でボンデ鋼板の化成被膜層が劣化して粉になっているんです。(ボンデ鋼板とはどんなものか調べてみてください。)
よって、鉄板に亜鉛系の不純物(粉)が付着している状態になっているので、そのまま塗装すれ塗膜は不純物とともにはがれます。(プライマーの有無に関係なく)
自社で塗装しているのか外注に依頼しているのかわかりませんが、塗装の前処理として(表面調整を含む)リン酸亜鉛皮膜処理などの化成皮膜処理の導入を検討されてはどうでしょうか?

白い粉と劣化している化成皮膜を確実に除去するには、サンドブラストやショットブラストが良いのでしょうが、白い粉だけを考えるのならワイヤーブラシとか研磨紙やスコッチブライトなどを使ってこすり取る方法もあります。
ただし、製品の形状や処理する箇所の範囲により時間と人手が相当かかる可能性があり、コスト的に考えると酸洗工程を含むリン酸亜鉛前処理ラインで処理するとよいと思います。(酸洗工程がなくてもリン酸鉄皮膜処理よりは仕上がりが良いと思いますが…)
まあ、塗装品質に影響しないように熱劣化した化成皮膜をどのように処理するかなので、いろいろな方法でトライしてみてください。

投稿日時 - 2011-05-11 22:17:00

お礼

アドバイスありがとうございます。
塗装の前処理としてリン酸鉄皮膜処理をしていますが、白い粉に対して前処理を考えるなど全く気付きませんでした。
さっそくリン酸亜鉛皮膜処理について検討してみます。

投稿日時 - 2011-05-12 20:43:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ショットブラストをかけてみては如何か。

投稿日時 - 2011-05-09 09:37:00

お礼

アドバイスありがとうございます。
ショットブラストは異物除去に効果大ですね。
現状、設備を所有していませんので導入を検討してみます。

投稿日時 - 2011-05-09 20:10:00

うーんと
白いものをうんぬん言う前に
異物付いたままとそうしてはいけません
http://www.nippe-showbiz.com/trouble/3.html

投稿日時 - 2011-05-08 17:56:00

お礼

ははは様
アドバイスありがとうございます。
異物を取り除くことが最優先ですね。
いろいろ試してみます。

投稿日時 - 2011-05-08 22:05:00

あなたにオススメの質問