こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

テフロンチューブの公差について

いつも勉強させてもらっています。

さて、今回製品の改良ということで、今までポリエチレンチューブを使用していたところに、『耐熱を!』という意見から、テフロンチューブを採用しようと考えています。

いろいろとネットで調査した結果、テフロンチューブは公差が広いことがわかりました。
そこで、お伺いしたいのですが、テフロンチューブはなぜ汎用のチューブと比較して公差が大きいのでしょうか?
製造方法の難しさ? 高価だから?? よくわかりません。
どなたかご存知の方教えてください。

知り合いの業者さん2社に聞いたら、通常のミリサイズには公差がほとんどないけれど、AWGサイズには公差が±0.15mm(使いたい内径はφ1.35です)あるよといわれてしまいました。

規格によっても違うのでしょうか?

できれば公差を±0.05mm程度に収めたいと考えています。
以上、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-04-19 14:40:00

QNo.9467042

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

テフロンチューブで公差の事を考えるなら、PFAチューブを検討下さい。
詳細の説明は、URLのテフロンの項目を順に確認下さい。

参考URL:http://www.packing.co.jp/

投稿日時 - 2010-04-20 00:22:00

お礼

ありがとうございます。
PFAのほうが公差が厳しいのですね!?
初めて知りました。

このサイトは自分でも閲覧経験のあるサイトでした。

PTFEとPFAの違いがわからないので、これから勉強したいと思います。

投稿日時 - 2010-04-20 09:21:00

>製造方法の難しさ?

でしょうね

テフロンは商標。化合物名はPTFEだが、PEなど樹脂一般で行われる射出成形が出来ず、常温で粉を固めてから焼くという面倒な製法なので精度が出ない。
さらに熱膨張率について、温度範囲を拡げた値ではPEと大差ないが、20℃で転移点があるため、ピークでは790ppm、6~7倍もの値(下図の屈曲点)。
なのでこれも精度を得にくい原因。
テフロンの切削加工は実体験あるが、削って暫く放置しておくと、とてつもなく寸法が変わり慌てたりする。

フッ素樹脂で特性が似たモノとしてPFAがあるが、これは射出成形可能。

参考URL:http://www.packing.co.jp/PTFE/ptfe_tokusei1.htm

投稿日時 - 2010-04-19 22:05:00

お礼

ありがとうございます。
一般のテフロン樹脂に関しての回答ですね。勉強になりました。

同じような理由でチューブの精度も出ないのでしょうね。

投稿日時 - 2010-04-20 09:16:00

あなたにオススメの質問