こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

TOP SOLIDとMICRO CADAMの選択

 メーカーで自社使用の自動機やジグの設計をしています。
20年以上前から、マイクロキャダムを使用しています。
 会社側から、TOP SOLIDを使用するようなプレッシャーを
掛けられています。

 組図、部品図を2Dで作図しています。
データのやりとりはDXFでもらってマイクロキャダムのデータに
変換していますが、図形のみ変換できれば困ることはありません。

 TOP SOLIDの2Dを触ってみましたが、オペレーションはあまり良く
ないように感じました。
 3Dは仕事の中で、必要性を感じていません。
3Dをやらない前提で、マイクロキャダムをやめてTOP SOLIDに
変えてしまおう、というのはただ混乱を招くだけで
メリットが少ないように感じています。

 皆さんのアドバイスを伺いたいと思い投稿させていただきました。
当方は機械設計はそれなりにできますが、CADに関しては操作以外は
素人という前提でお答えいただければと思います。

投稿日時 - 2010-09-06 09:15:00

QNo.9465823

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 自分も、ジグや自動機の開発に携わっています。
(まだまだ駆け出しですが)

 ただ、自分は3DのCADを使う位置から、プラスアルファで開発が加わってきたため、ジグ設計はおろか2DCADも後から身に付けました。奇しくも質問者様とは真逆の入り方です。
 その上で3DCADの利点を挙げると、


・イメージやひらめき、インスピレーションが湧きやすい

 既存のジグのある部分を45°ひねってみたら、10°回転させてみたら、といった3次元的な発想が非常に湧きやすいです
 また、拡大や縮小も簡単にできるので、大きさも形も全く違うジグの機能を互換させたり応用させるという考えも湧きます。


・ゼロからの打ち合わせの立ち上げが非常にやりやすい

 例えば、新人や現場出身ではない取引先とジグ等の打ち合わせするをする必要ができた時、簡単な内容であっても図面を広げて、部分毎に説明して、この部分がこうだから…という話が、3Dのグラフィックをコピーして会話すれば簡単な説明で済みます。


 3次元加工が必要でないからといって3DCADの必要性が無いことはないと思います。
 また、ひょっとすると今は、「同じ図面一枚でも、3次元CADでモデリングして、2D空間に落として、寸法だしするのは2度手間じゃないか」と思ってられるかもしれませんが、実際には2Dでも形状を引いて加工のレイアウトを考えて、製作する作業と寸法出しする作業は別個なので、慣れればどちらでも大差ない(場合によっては3Dのほうが速く)図面を引けます。
 駆け出しの生意気な意見かもしれませんが、何かの参考になれば幸いです。

それは、あまりお勧めしません
新人の方の業務や力量がよくわかりませんが、まず2Dの図面やCADに慣れてもらって、御社の現場や加工の知識があるていど身についてからでいいと思います。

3DCADはなんでも簡単にできる一方で、加工できないものまで形にできてしまいますから、最初から3DCADにどっぷりつかるのは良くないでしょう。
2DCADは、2次元の縛りが逆に基準や寸法の求め方の基礎作りに役立ちます。
 自分の場合は、社内での必要な業務や新規部署立ち上げなどが重なった特異な例とお考えください。
 完全に社内が3DCADで動いてる職場なら3Dスタートもありと思いますが、質問者様の場合は、3DCADは触らせるくらいにとどめておいて、2DCADからで良いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-09-10 08:36:00

お礼

  tehu-tehu様

 ご回答ありがとうございます。
生意気な意見なんかではありません。非常に貴重です。
 自分なんかは、2D&三角法にあまりにも慣れているために
客観的な判断ができてないのかも、しれません。
 
 3Dから入っていったそうですが、
今、私の職場には、今年入った新人君がいるのですが、
最初から3Dを使ってもらったほうが、良いでしょうか?
 
 

  tehu-tehu様

 ご回答ありがとうございます。
生意気な意見なんかではありません。非常に貴重です。
 自分なんかは、2D&三角法にあまりにも慣れているために
客観的な判断ができてないのかも、しれません。
 
 3Dから入っていったそうですが、
今、私の職場には、今年入った新人君がいるのですが、
最初から3Dを使ってもらったほうが、良いでしょうか?
 
 

投稿日時 - 2010-09-10 09:42:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

TOP SOLIDを使用することで新たな取引先を開拓しようと会社は思っているかも知れませんし・・・。

どんなCADを使用しても長所短所は有りますからね。

投稿日時 - 2010-09-10 12:51:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
とりあえず、使ってみようかなと思っています。

 導入してから、使い道を考える様な状態です。
導入してから、何年にもなるのに
2Dしか使っていません。
2Dなら、CADAMのほうが良いような
感もします

 「使え」と言うから、社内でどお
使われているか調べたら、こんな状況。

 
 

投稿日時 - 2010-09-14 08:12:00

弊社でTOPSOLIDを使っています。

確かに、類似設計の時はうまくすると、2D図のベースとなる3Dデータの変更のみで全部終わるときもあり、たいていの場合2D微修正だけで済んだりして非常に便利です。

また費用の件ですが、使い込みとそれほどサポートの必要を感じなくなりました。弊社では、バージョンアップを2~3回に1度行って、サポートはバージョンアップの時のみにしています。途中のサポートを飛ばしても、バージョンアップ出来ないと言うことはありません。

投稿日時 - 2010-09-08 17:14:00

お礼

LARさま、ご回答ありがとうございます。

非常に便利に使っている、ユーザーのかたも
おられるということで、少し安心しました。

 あとは、使いこなせるかどうかですね

投稿日時 - 2010-09-08 17:21:00

長文になってわかりにくなったので
AAを交えて説明



「3D CADで設計から製造まで、一貫の体制を作りたい」
CADベンダーのありがちな説明
http://jp.fujitsu.com/solutions/plm/cadcam/icadsx/product.html


「専用機の一品料理の世界に、そんな夢みたいなこと言われてもなー」
現場のありがちの答え

実は一品もののほうが3DCADの効果は大きい ことを 誰も説明されてない




3DCADには 二種類あって

ノンヒス系

ヒストリー系


ノンヒスは単なるモデラなので 3Dのうまみが まったくないので進めない


以降ヒストリ系 を説明




パラメトリック設計
2Dで90年代にはやって実際実用したが開花しなかった 設計方法

      L
│←─────────→│
┌───────────┐
└───────────┘


L寸をパラメータ化して 図面を書く時間を 省略しようとした
ものである

2Dでもストレッチ と してあるが

下手すると書き直したほうが早い


3Dの場合もっと高度になって 拘束となっている
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060915/121177/

作図にはこれが前提になるので 描き方が変わる




これがまずひとつの利点

究極の話をすれば
A社に収めた 設備の長さ違いを 作るとき 
コマンドひとつで設計が完了する
組み図から部品図まで自動更新が夢ではない
(現状はまだそこまでできないが)





図面を書かない
設計=線を描く だが
3Dにいたっては 絵を描かない


シリンダーメーカにいけば 3Dのシリンダーが存在するし
ミスミにいけばありとあらゆる部品が3Dとして存在する


いや 2DでもDXFで と思われるが
2D の 場合 ここで 陰影処理 が 発生する


┌────┐
│    │
│    │
│   ┌┼───┐
└───┼┘   │
    │    │
    │    │
    └────┘

重なった部分は破線にしなければならない
また 部品図にするばあい破線を実線に戻さないといけない


向き
2Dの場合
データーにない向きで書く場合
書かないといけない場合








これらを含めて
2Dと3Dの 設計 の違いを描く




3Dの場合

製品データ をもらう
大体の配置をきめる
部品の配置を決める(ピンやシリンダー を メーカーからダウンロード 型番 などを 部品に登録)
2Dに落とす (自動)
寸法を入れる (自動)
客先変更   (組み図を変更するだけで自動ですべて変わる)

部品図を描く (半自動なんかあった場合 組図は自動変更 それに付随する図面も 自動変更)
部品表    (自動)


まだアルゴリズムが完全自動ではないが
それでも半分以上自動化されている




2Dの場合
製品データをもらう(現物があったほうがいい)
1.大体の配置を決める

2.部品の配置を決める(ピンやシリンダー を メーカーからダウンロード 型番 などを 部品に登録)
3.陰影処理(破線にしたり レイヤーを変えたり)     ←実は設計しているわけではない
4.断面を書く(データーにない面は自分で書く 技術必要) ←実は設計しているわけではない
2~4 ループ


5.寸法入れる
6.客先変更  2へ戻る
7.部品図を描く

7.1 陰影処理(破線にしたり レイヤーを変えたり)     ←実は設計しているわけではない
7.2 組み図変更
7.3 それに付随する 図面変更
7.1~7.3はループ

8.部品表を描く (わけのわからないメモを見ながら)



多分こんな感じだとおもう
私の場合
3Dで書く場合 工数は半分程度になる



もちろん
工数が半分になったからといって 設計費を半分にする必要はない
逆に高くもらってもいいぐらい




現に加工現場から

鳥瞰図描いていったら
こんなの書く暇があったら もっと仕事しろって(定時に帰るから)
仕事して 余りにあまってるんですが・・・



作図の工数が一気に減り余裕ができるので、
次の設計の作りこみをしていくのが3Dの最大の利点


といいつつ、3Dにしてもはまることはあるけどね
ぼろ儲けもできる

同じやつではないのですが

>>ちょっと遊んでみようかな
これが重要です


ちょっと使ってみて
余りにも操作性(考え方)の違い
失敗する例は死ぬほどあります

使い方を知らない = 使えないではありません
私からすればなんてもったいない です

ひとつ設備を3Dモデルを作って
一緒にぐるぐる回しましょう
ぐるぐる無意味に回すと 妙に楽しくなります


3Dの欠点は
悦に入って無意味にまわしてしまうことです



そして、2Dに戻ったときなんで回らないんだ と いらいらすると
あなたも3Dのとりこです


ほかの2Dユーザーを引きずりこみましょう

寸法拘束という
2Dではない 機能を 知らないからです


2Dでは



組み立て図



部品図
│←──────→│
┌┼─┼─┼─┼─┐─
│○ ◎ ○ ◎ ││
└────────┘─

ねじ穴描いて
10分ぐらいです ですか


と描いていきます


3Dでは

┌組み立て図───────┐
│寸法拘束        │
││←──────→│  │
│┌┼─┼─┼─┼─┐─ │
││○ ◎ ○ ◎ ││ │
│└────────┘─ │
│            │
│↓           │
│            │
│組み立て        │  
└────────────┘
組み立て図中に
寸法拘束 で 寸法が入ります
編集は寸法を かまいます

同じ部品があれば コピーします 
(コピーしただけ内部的に個数は増えます)


2Dに落とすとき
上記パーツを呼び出し 貼っていきます

┌部品図─────────┐
│            │
││←──────→│  │
│┌┼─┼─┼─┼─┐─ │
││○ ◎ ○ ◎ ││ │
│└────────┘─ │
│            │
│┌────────┐┬ │
│└────────┘┴ │
│            │  
└────────────┘

このとき寸法拘束で使われた寸法が使われ
寸法も自動でかかれます
コマンドとしては 1手です 鳥瞰図も同時に書いてくれます

特にプレートものは ほぼ完璧に できます
二重寸法消していくだけ
もちろんねじ穴の属性も持っているので

二重丸にする必要はありません


一分程度ですか
(穴が100個あろうがねじが100個あろうが一緒です)




まだ、アルゴリズムが完全でないので多少の手直しは
必要になるかも知れませんが
圧倒的です



先に持っていくだけなのでトータル時間は変わらないような気がしますが
比較的に時間の余裕がある


組み立て図のときに作りこみをし
オフセットの指示をの代わりに拘束を使うので


組み立てず作画にも時間はとられません



この辺は実際に使ってみないと 理解できないと思います
まだCADのアルゴリズムが完全でないので 完全自動になってませんが

3Dから入るか
2Dを教えて3Dにはいるかは

いろいろ問題があります

最終的に
加工現場では2Dの図面が必要になるので
2Dの図面は必要になります
CAM導入してようが 紙図は必要



3Dでは自動で寸法 中心線を入れてくれますが
完全ではないので

作りにくい寸法の入れ方
成り立たない寸法の入れ方をします
(寸法拘束時にそのように入れているのですが)


シンメトリーの図面なのに 中心線がなく すべて端面追い
長手のものを縦長に描く
丸物を縦に書く
加工ができないもの



2Dでも起こるけど3D から入った人は特に陥りやすい
そのへんは 3D オンリーの人は入念に教えたほうがいいです

投稿日時 - 2010-09-07 12:13:00

お礼

ハハハ様ご回答ありがとうございます。
推察するに、全く同じ職種かな?

 そこまで、言ってもらえると、なんかやってみようかな
なんて、思っています。

 TOP SOLIDはすでに使える状況にありますが、
ほとんど使ってません。ちょっと遊んでみようかな
というきもちには、なりました。

 

ははは様 質問です

たとえば、XYZのローダーを設計するとします。

 製品とSMCの3Dデータをぺたぺた
はっ付けます。あとは、シリンダー間をつなぐ板(フラットばーに穴あけただけ)と、チャックのフィンガーを3Dで描く。
 これで、モデルはできます。ここまではイメージできます。

で、次2Dの組図って、寸法とか風船とか部品表って
そんな簡単にできるもの?←ここが一番早くなるって言われそう。
 ちょっとイメージができてないです。

 バラシはフィンガーなんかは早く描けそうですが、
フラットバーに穴だけよ なんて部品図だと
極論すると、紙にフリーハンドが早そう。
←寸法覚えてないとダメだからそれはメンドくさい、っていわれそう
  だいたいデータが残らん!?

 

投稿日時 - 2010-09-07 15:04:00

お悩みの内容、良く理解できます。

2Dで完結できる場合、3Dはシステム自体がお荷物です。
一番大きいのが金額的負担。
会社が傾きそうで、給料の遅配すら起きているのに、3Dを入れようなんて人いるので困ります。
ん百万の負担をするなら、給料の残りを払えといいたい(^^;

製造まで一貫して2Dで不足がないのであれば、導入に伴う経済的メリットはありません。
ぜひ、踏みとどまって欲しいものです。
かくいう自分も、MICROCADAMを使い続けています。
取っつきは悪いですが、ファンクションキーによる高速オペレーションは他のCADでは実現できません。

投稿日時 - 2010-09-06 17:36:00

お礼

hibiki2000様、回答ありがとうございます。

 経済的視点は私も少し抜けてました。で調べてみました。
導入費用はTOPが100万強。CADAMは社内でライセンスが余っているので
実質ただ。実勢は60万位みたいです。

 年間維持費はTOPが28万/台
CADAMはドングルならタダ。MCHS契約をしても約5万/台です。

 コスト的には、当たり前ですが 2D有利ですね。
小規模のセットメーカーさんだと、3Dを維持するのは
厳しそうです。

投稿日時 - 2010-09-06 19:04:00

どぉも、CADAM好き人間です。

> 会社側から、・・・プレッシャーを掛けられています。
と言う事は、
会社の方針として、今後、CADAMからTOP SOLIDに変更していく!
ついては、CADAMに固執するな!
と、命令されている状況なのでしょうか?
そうであれば、会社の方針に従うべきでしょう。

CADAM/CATIAが優れているゾ!と主張する社員がいても良いですが、
それしか使わないと断固主張するのであれば、解雇もアリかと。

会社での導入に際しては、暫く併用して順次移行する のが正解だと思いますよ。

個人的には、CADAMを使い続けるのも或る意味正しいと思います。
だって、やっぱり優秀なCADなのですから。

投稿日時 - 2010-09-06 13:17:00

お礼

鶴屋南木様
ご回答ありがとうございます。

 個人が会社からプレッシャーというよりも
私の職場と、システム管理職場の主張の違い、という状況です。

 システム管理
「3D CADで設計から製造まで、一貫の体制を作りたい」

 私の職場
「専用機の一品料理の世界に、そんな夢みたいなこと言われてもなー」




 
 
 
 

投稿日時 - 2010-09-06 14:20:00

その議論は2Dの負けです

製造に携わる人 = 2Dの図面が読める 人 ではありません

http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/cadrill/05/cadrill05.htm

図面抜粋



2Dの図面
http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/cadrill/05/cadrill_q2.pdf

から

3Dのモデル
http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/cadrill/05/cadrill05_clip_image004.jpg

を想像するのは
結構な能力がいます


加工者
組付者

この辺は必須のはずだが 量産品でボタン押すだけの人は無理

果ては 営業 エンドユーザー
すべてに図面を理解するのは 無理です




デメリットは操作性です
それ以外基本的にはありません




設計のメリット

もちろん設計者のメリットもないと

同時に検討できます

2Dの場合 正面を描いて 検討し
側面を検討し 成り立たない場合
また正面図に戻ります

このルチーンは当たり前ですが
3Dの場合同時にできます

実際にはこれが一番効く



どうせ2次元に落とさないといけないんでしょ

TOP SOLIDも半分ぐらい自動でやってくれます
http://www.kodamacorp.co.jp/products/topsolid/autodraw.html


部品表
3Dの場合 いろいろな属性を着けることが可能です
部品名 個数(自動) メーカー名 

これらは 比較的時間の余裕のある組図の段階に
目盛るのですが

部品表は一番最後のどたばたにかかれます
結構な時間がかかりますが

自動です



エンドモデルになると
http://www.kodamacorp.co.jp/products/topsolid/topsolidansysplugin.html
構造計算を設計しながらできます

この効果は実際に大きい



3D化は技術革新です
馬車と自動車 なら どちらを選ぶか という問題です


操作性は慣れれば いいだけの話です

設計の考え方

治具を作るとき
製品を おき(番線等を基準)
それを基準に 設計していきます


現合で作るとき
現物に合わせて作っていきます

基準線は現物にはありません




3DCADは どちらかといえば 

現合に近い考え方で描くとものすごく早くなります

3Dで描いても最終的に2D出力なんだが
もっと高度につかう

裏技っぽい使い方 ハイブリッドな図面を書くときによく使う技です

>>全てを2Dの世界で完結するときに、どちらのCADがよい
これでも負けない


3DCADでも2DCADとして使えます
昨日は品粗だが それを補う拘束という概念が加わります


これが理解できないと 2DCADから入った人は 使える過去のヤロー 
っていうことになる 
質問者も ほかの回答者(2Dしか使ってない人)も これに陥る

レイヤーという概念はなくなります



3Dを2Dで使う 時の効果
http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/cadrill/05/cadrill_q2.pdf

上記
普通図面の
R245とR40の局面の求めるとき

2DのCADの場合
作図には幾何の技能が要りますが

実際に書いてみてください
一発でかけるコマンドがあれば楽ですが




3Dの場合
いらない
えいやぁーでできてしまう

多分使った人じゃないとわからない

3D の場合 拘束と いう 機能があります

たとえば
R40をR15 に変更したり
R245をR200に変更するのは瞬時にできます



もちろん モデルも自動で更新され 
2D更新されます


参考
http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=241213&event=QE0004

図面の書き方そのものが変わります




まあ、世間はまだ2D主流なんだけどね
手書きから→CADに以降したときも何十年とかかった
いまだいるのかしら
(2000年頃にはまだいた)
青焼機の需要もまだあるようなので絶滅はしてないようですが




値段の話すると3D=高いような気がするけど
ボッタクリ(保守管理費の問題だけです)
某autodesk なら、保守つけても1台数万円


というか 保守自体 考え方が古く
数年たったら パソコンともども一気に更新したほうがいい
数十台を一気に変えると費用が馬鹿にならないが
下位互換を保てば
年数代ずつ入れ替えていく方法もできる

そう考えるとCATIAなんかボッタクリソフト保守なんかいらない

データトンでも誰も保障はしてくれない
バグがあっても直らなかったりする
操作がわからないのは一年ぐらい使いこなせば わかる
というかネットで聞いたほうが早い

保守に入っていようが ロストしたデータは
自分自身でバックアップとってないと





2D描きには3Dアレルギーが多いけど
3Dに移行すると2Dには戻れません


2Dの図面書いていても無意識にぐりぐりまわしてしまう
アレルギー起こさず 使ってみましょう



設計事務所なら
なぜかしら AUTOCAD2000 あたりが 転がっているはずです
なぜかしら、CD-Rだったり するのは不問です

昼休みにで なぜかしら インスト して
まあ、適当な 図面を DXF でもってきて

キーボードで 
obit と入力して
マウスをぐるぐる回してみましょう

autocad 3D と ググレば 3Dで描く方法も見つかると思います



いつも言ってますが autocadは 立派な3DCADです

>>全てを2Dの世界で完結するときに、どちらのCADがよいのかという質問です。


この答えの回答でもあります


まとめ

AUTOCADを3DCADとして使ってる人は稀(世間では2DCADと認識されてる)
AUTOCADは3DCAD(LTも3Dです ソリッド作れないけど)

3DCADを2Dとして使うのは 可能

もったいない


ただし、AUTOCADはノンヒスの3D
ヒストリー系のCADでも もちろんAUTOCADみたいに 2Dとしても使える

ヒストリー系には拘束という概念が存在する
レイヤーという概念はなくなる





まあ、毛嫌いせず使ってみるのが一番です
高いので躊躇しますが


無料のCADもあるし
http://www.alibre.jp/download/

無料体験版
ThinkDesign
http://www.caelum.co.jp/product/thinkdesign/master.php
保存ができないだけ

それとなぜかしらころっがっていそうな
AUTOCAD2000 以降 できれば無印



長文になったけど
やっぱり3DCAD の勝ち

超長文だな

>>「専用機の一品料理の世界に、そんな夢みたいなこと言われてもなー」

実は一品もののほうが3Dの効果は高い ことは 
実はまったく知られてません


>>自社使用の自動機やジグの設計
の場合
特にそうです


あくまでも 私自身ですが
ある意設備の構想図を書くとしましょう


2Dでは大体 1週間です(残業あり22時近く かかって)
3Dではまあかかっても 2~3日です(下手すると定時です)




理由←書き方事態が変わる意味

シリンダーメーカーなどは ソリッドモデルを用意してあるから
ネット上で読んできて 間接(拘束いれて)おしまい
ミスミあたりを多用すれば
書くのはブラケットとベースぐらい?

クランプも一回描いてしまえばおしまい
(割り面はブリーアンでえいやぁー)

動きを確認して終了←拘束をエイエイとかまってやるだけ
あとは 2Dに落としてやれば オk



2Dの場合は 多分わかると思います

1.DXFで読んできて

2.陰影処理して(破線に変えて)← これ 実は設計業務ではない
3.レイヤー変えて       ← これも実は設計業務ではない

4.検討して 2に戻る
(3Dの場合ここがえいえいにあたる 使ってない人にはわからないでしょうが 文字通り えいえいぐらいの時間しかかかりません)


たぶん2.3って結構なウエイトがかかってるはずです
実際には2・3は設計しているわけではありません
寸法考えてないし 表現を考えてるだけ

この時間が省けます

ほかにも線の太さとか中心線とか実際の設計業務でないことを
設計業務としてやってます

これが3Dでは半自動化(アルゴリズムが完全じゃないので全自動ではない)され90% ぐらいできる
しかも寸法さえも




これらは、誰も評価されていません

メーカーは
>>「3D CADで設計から製造まで、一貫の体制を作りたい」

これを表に出している
デジタルプロトタイプ いや うちは一品ものだから そんなのいらない
と考えますが

実際には先に書いたことが ものすごく利いてきます







多分上流は(システム管理)
CADメーカーの言いなりでTOP SOLIDを進めているのでしょうが
使いこなせなければ ただのゴミで
3DCAD導入の失敗は 使いこなせないことにあります

ここで重要なのはユーザー数です

メーカーは実際に設計しているわけでなく
システムを作ってるだけだから

 & 

今の3DCADは ほとんど外国製 で
下手すると代理店だったりする

使ってる人たちの生の声が一番いいです


そうすると
TOP SOLIDはユーザーが少ないのでお勧めしません


巷で一番多いのは

インベンターは(腐っても世界No1のautodeskです)
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=5345484
設備に特化したものです


ソリッドワークスなどもあります
http://www.solidworks.co.jp/
大阪あたりでは 自主規制されているらしく
ユーザーがいっぱいいるらしい


こういったことも考えたほうがいいです

ちなみに
上流が3DCAD 導入だ
現場が使えこなせない

ゴミ箱いき  という例は 累々とあります


また長文・・・orz

投稿日時 - 2010-09-06 10:40:00

お礼

ハハハ様、ご回答ありがとうございます。
私の文章がヘタクソで質問の意図がうまく
伝わらなかったようです。申し訳ありません。

 2Dが良いか3Dが良いか、ということではなく、
全てを2Dの世界で完結するときに、どちらのCADが
よいのかという質問です。

投稿日時 - 2010-09-06 11:13:00

あなたにオススメの質問