こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

出典はどこでしょうか

面外強度たわみ量の計算として下記の公式を見つけたのですが
使用して問題無い公式でしょうか?

変位量 W=Lx^3*Ly^3*V*P/((48*D*(Lx^3+Ly^3))
V=1-((5*Lx2*Ly^2)/(6*(Lx^4+Ly^4))

P: 荷重
W: 変位
Lx: 巾
Ly: 長さ
D: 曲げ剛性
V: 補正係数 

投稿日時 - 2009-04-10 11:49:00

QNo.9463742

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

3日を過ぎてますが。
出典はわかりませんが、推測を申しあげます。
この公式は4辺固定床版の集中荷重略算式のひとつですね。
私は建築学会で用いられるH.Marcus の略算式を使っています。
よく似た式です。建築RC構造の本に載っています。
精度を上げるには、構造力学公式集(土木学会)は機械系にとっても
役に立つ各種公式が掲載されています。
参考まで。

投稿日時 - 2009-04-19 13:58:00

お礼

ご回答を戴きながら、お礼が大変遅くなりました。
大変参考になりました。
”構造力学公式集”が社内にありましたので
いろいろ調べてみます。
有難う御座いました。

投稿日時 - 2009-04-28 16:59:00

3日を過ぎてますが。
出典はわかりませんが、推測を申しあげます。
この公式は4辺固定床版の集中荷重略算式のひとつですね。
私は建築学会で用いられるH.Marcus の略算式を使っています。
よく似た式です。建築RC構造の本に載っています。
精度を上げるには、構造力学公式集(土木学会)は機械系にとっても
役に立つ各種公式が掲載されています。
参考まで。

投稿日時 - 2009-04-19 13:57:00

3日を過ぎてますが。
出典はわかりませんが、推測を申しあげます。
この公式は4辺固定床版の集中荷重略算式のひとつですね。
私は建築学会で用いられるH.Marcus の略算式を使っています。
よく似た式です。建築RC構造の本に載っています。
精度を上げるには、構造力学公式集(土木学会)は機械系にとっても
役に立つ各種公式が掲載されています。
参考まで。

投稿日時 - 2009-04-19 13:56:00

あなたにオススメの質問