こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

塩酸によるステンレスの腐食について

メッキ工程の中に塩酸で酸活性を行う工程があります。
この塩酸のためにメッキ治具(ステンレス)が溶けてしまいます。
塩酸に対する腐食を改善するための対策が必要です。

そこで、ステンレスを調べたところ、ステンレスにもクロムとニッケルの割合を変えたものがあるそうですが、クロムを多くしたりすることで耐食性が改善されるのでしょうか?

投稿日時 - 2009-07-12 21:51:00

QNo.9462824

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

使用環境などにもよりますが、耐酸性ではハステロイC22がメジャーです。塩酸に限定すればチタン2種<ハステロイC22のようです。

投稿日時 - 2009-07-15 19:36:00

回答(3)様の通りチタンがお勧めですね。

治具の大きさや求める強度にも拠りますが
PEEKやPPSなんかもいかがでしょう。
通電も兼ねている場合樹脂はNOですが。

あとは引っ掛け接点部をチタン(露出させる部位のみ)で
フレームをSUSにしてゾルコーティング(ゴム状のコート)が安価で
めっきには適しているかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-07-14 22:50:00

かつて塩酸ガス処理装置を製作したことがあります。
材料試験として、前段のスクラバーにステンレス(SUS304、SUS316)の試験片を入れましたが、いずれも一週間前後で跡形もなくなくなりました。
最後まで残ったのがチタンでした。
もちろん、あなたの設備とは塩酸濃度とは異なるとは思いますが、参考になればと思います。

投稿日時 - 2009-07-13 23:52:00

耐酸性を要求するならハステロイ(HASTELLOY®)の仕様を進めます。ネットですぐ検索できます。

確認しないで送信しました誤字ばかりでした。
耐酸性を要求するならハステロイ(HASTELLOY®)の使用を薦めます。ネットですぐ検索できます。

投稿日時 - 2009-07-13 15:38:00

無理でしょう。
ステンレスに樹脂を溶着で封入したり、モールドしたりして使用。
ステンレスは強度確保で、樹脂は耐食性改善です。
長持ちさせるには、ステンレス+金メッキして、樹脂で封入です。
コストは高いですが、塩酸の液が樹脂を浸透してステンレスを
徐々に錆びさせます。金メッキはそれを随分遅らせます。

投稿日時 - 2009-07-12 22:33:00

あなたにオススメの質問