締切り済みの質問

アルミダイカストADC12と黄銅C3604+黒ク…

アルミダイカストADC12と黄銅C3604+黒クロム処理(RoHS対応品)との電蝕について

 現在、屋外使用機器についてアルミダイカストADC12とRoHS対応品の黒クロム処理を施した黄銅C3604を使用しようと考えております。ADC12はシャーシとして使用し、C3604はコネクタとしてシャーシに締結して使用します。
 この組み合わせにおいて電蝕は発生するのでしょうか? また電蝕が発生する場合、どのような対策が有効なのでしょうか?(ADC12側に表面処理を施すなど)

皆様のお知恵を拝借したく思います。
ご回答のほど、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2009-07-14 10:59:00

QNo.9462813

困ってます

  •   
  • 回答(1)

    ANo.1

    トピ違いでスミマセン。黒クロム処理(RoHS対応品)とは?めっき皮膜には6価は存在しないのですか?

    投稿日時 - 2009-07-14 12:57:00

    お礼

    meckey様

    返信ありがとうございます。

    ご質問の件ですが、黒クロム処理(RoHS対応品)とは三価の黒クロムめっきと考えています。

    ただ、その後の調査で三価の黒クロムめっきが本当に存在するのか、
    実際に納められたものが本当に三価の黒クロムめっきなのかが怪しいため、
    現在確認中です。
    (設計担当者からは三価の黒クロムめっきであると聞いているのですが、
     三価の黒クロメートと勘違いしている恐れがあります)

    そのため、ご質問に対する回答は上記の確認後とさせて頂きますよう
    お願い致します。

    大変申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

    投稿日時 - 2009-07-15 14:45:00

    あなたにオススメの質問