こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

STKM12AとSTKM12Bの違いは?

使用材料に「STKM12A」と記載されている図面のものに対し

「STKM12B」の材料を使って製品を作っている取引先があるのですが

これは問題ないのでしょうか?

STKM12AとSTKM12Bでは、どこに違いがあるのでしょうか?

投稿日時 - 2008-06-13 11:35:00

QNo.9459225

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

STKM12AとSTKM12Bでは、引張強さや降伏点が違います。

<引張強さ>
STKM12A:340(MPa)以上
STKM12B:390(MPa)以上
<降伏点>
STKM12A:175(MPa)以上
STKM12B:275(MPa)以上

強度上は、STKM12Bの方が上ですけれども、本来はSTKM12Aを指示しているわけですから、STKM12Bを使うのなら、図面を修正の上、使うべきだと思います。

投稿日時 - 2008-06-13 11:47:00

お礼

回答ありがとうございます。
設計部門に確認してみます。

投稿日時 - 2008-06-13 13:22:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

STKM12AとSTKM12Bの成分は同じですが、引張り強さの違いで
A~Cの3種類あります。
それぞれの引張り強さは以下の通りです。
A:340N/mm^2
B:390N/mm^2
C:470N/mm^2

強度的に見ればB種の方が良いのですが、どの様な場所や状態で
使われるかによって問題の有無は変わってくると思いますので、
何とも言えません。

投稿日時 - 2008-06-13 11:56:00

お礼

回答ありがとうございます。
3種類あるんですか・・・_((φ(-ω-)カキカキ
設計部門に使用用途を確認し、図面変更できるか問い合わせしてみます。

投稿日時 - 2008-06-13 13:29:00

STKM12やSTKM13の数字の違いは、種類(成分)の違いです。
STKM12AとSTKM12Bは、同じ成分でも、機械的性質(引張強さ等)が違います。
<熱処理や加工過程等々で>

詳細は、以下を参照して下さい。
http://www.jfe-wp.co.jp/nkwp02/hyo_h.html#001

投稿日時 - 2008-06-13 11:54:00

お礼

回答ありがとうございます。
一表により違いが一目でわかりました。
設計部門に確認してみます。

投稿日時 - 2008-06-13 13:27:00

あなたにオススメの質問