締切り済みの質問

SPCCの部品を亜鉛ダイカスト(ZDC2)に代替…

SPCCの部品を亜鉛ダイカスト(ZDC2)に代替したときの強度について

現在、SPCC(板厚3.2)のL曲げした板金に軸(SWCH)をかしめ、重量6~7?の扉を乗せて開閉可能にしているのですが、その板金部分を形状そのまま亜鉛ダイカスト(ZDC2)に代替しようかと検討しております。
その際、強度的な問題等はあるのでしょうか?
また、軸部分も亜鉛ダイカストにする事も検討しているのですが、それについてもアドバイス頂けると幸いです。
扉側の軸がささる部品は、SPCC(板厚2.3)です。
素人ですので、質問内容に不十分な点あるかもしれませんが、皆さんのご協力をお願いします。

投稿日時 - 2008-10-10 12:05:00

QNo.9457467

すぐに回答ほしいです

  •   
  • 回答(2)

    ANo.2

    材料強度は引張強さでZDC2:285MPaに対しSPCC:270MPa以上(350程度)です。強度はZDC2<SPCCですので,そのまま置き換えたのでは問題が発生します。寸法等見直しが必要です。下記URLにZDCの特性から設計上の注意が記載されています。またダイキャストは相当個数作らないとコストが合いませんので,検討不足のまま作ると痛い目にあいます。ドアヒンジ等であれば市販のパーツの採用をお勧めします。

    参考URL:http://www.diecasting.or.jp/diecast/index.html

    投稿日時 - 2008-10-10 16:57:00

    お礼

    ご回答ありがとうございます。
    お勧め頂いたホームページを参考にし、形状を見直してみます。
    ドアの形状を変更できないので、市販のパーツは難しいかもしれませんが探してみます。

    投稿日時 - 2008-10-10 17:24:00

    ANo.1

    構造がわかりませんが、鉄の信頼性は亜鉛DCよりはるかに高いです。
    しっかり強度的検討をされたほうが良いと思います。
    ちなみに我が家の食器棚のドアのヒンジが折れました。確認したら亜鉛DCでした。捜したら規格品らしくホームセンターで手に入りました。
    (つまり規格品が参考になりますよ。)

    投稿日時 - 2008-10-10 15:10:00

    お礼

    ご回答ありがとうございます。
    入れれる範囲、補強のリブ等を入れるつもりではいるんですが、
    材質的には、やっぱり鉄よりだいぶ弱いんですね。

    ホームセンターに行って似たような物がないか探してみます。

    投稿日時 - 2008-10-10 15:57:00

    あなたにオススメの質問