こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ホイスト式天井クレーン点検

ホイスト式天井クレーンの年次自主検査について教えてください

弊社には大小合わせて20基のホイスト式天井クレーンがあります。

この20基のクレーンは20年以上前からホイストクレーンの点検業者に年次点検も兼ねて年に3回点検をお願いしています。

点検の発注手順として 「点検の見積りをもらって検討し 発注 点検時に不具合箇所があれば報告書の中に記載してもらい 後日 不具合箇所の修理見積りをもらい検討後 修理を依頼し修理を行う」 という流れになっております。

弊社の依頼先の点検業者は、点検時の見積りの中に”20基 \***,****"となっているだけで (*印しにはちゃんと数字は入っています)、たとえば点検の内訳に 延べ何人で何時間だから\***,*** とか 交通費 \***,*** 諸経費 \**,***とかそういう細かな見積りの内訳というのがまったく記載されていません。
以前、細かく見積り内容をほしいと問い合わせた処 そういうものはない(出せない)の一点張りで細かい見積りはいただけませんでした。
(20年以上やってもらっていれば大体のところで 何人が何時間かかるぐらい分かりそうなものと私は思いますが)

ですが、昨今の景気の中で行う作業なので 今までがこうだったからという流れでむやみに 会社のお金を使えない状況です。
もちろんホイスト式天井クレーンは弊社になくてはならないものですし、重い材料を移動させるという点では 点検をおろそかに考えているわけでもないのですが…

ホイスト式天井クレーンの点検時の見積りってこんなものなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-11-10 15:38:00

QNo.9457053

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

発注側の立場からです。
詳細な見積りというのは、なかなか出てこないのじゃないかと思います。
粘り強い交渉が必要と思います。
弊社の事例(4基)ですと、数年前になりますが、
以下の2点でコスト改善したことがあります。
? 近隣業者による複数見積り
? 一括作業を依頼(移動/運搬のコストカット)
事前に、実際の作業時間等は確認した上での話です。
一括作業を依頼していますが、必ずしも、実作業は一括ではなく、業者任せの状態です。(業者の都合を優先しています。時には、何日かウェイトを置きっぱなしのこともあります。フル装備で来なくても点検ができるとのことで時々あります。)
どの辺りが適正か分かりませんが、作業、運搬、管理費等を考慮して、運搬に狙いを絞ったコストカットになると思います。
コストカットの場合、旧来のやり方、付き合い、取引をゼロベースで見直すくらいでないと良い結果に結びつかないと思いますが、社内事情もあるかもしれません。上司の方とよく相談して進められたら良いと思います。

投稿日時 - 2008-11-10 19:03:00

お礼

回答ありがとうございます。

お礼が遅れてすみませんでした。

OZUさんは実行済みなのですね。

確かに細部を見直ししていけばコストカットはできると思います。

今まで、何もかも点検業者に任せっきりでいた弊社の怠慢もコストカットできなかった理由の一つだと思います。

何社かへの見積はやってみようと思ってます。

それを踏まえて今までの点検業者とも話し合ってみようと思います。

投稿日時 - 2008-11-11 17:30:00

天井クレーンに限らず、見積を出さない業者はいかがなものかと思います。又、今まで一社で任せていた担当者もどうかと思いますね。
大小合わせて20基ある工場でしたらA棟はH社、B棟はK社と言うように分けることをすれば、適正価格がわかると思います。
業者との癒着等も防ぐ事が出来、コストダウンにもつながると思います。(業者間の談合が無ければの話・・)
今までお願いしてきたから・・と言うのは以前の景気の良かった時の話で、今はどこでも生き残りをかけていますから、少しドライになってコスト意識を持って業務遂行をした方が良いのでは有りませんか。

投稿日時 - 2008-11-10 17:04:00

お礼

回答ありがとうございます。

テクノさんの回答 一つ一つが "確かに" "すみません"しか出てきませんでした。

本当にもう少し意識をもって業務を行います。

投稿日時 - 2008-11-10 17:29:00

天井クレーン点検業者です。クレーンの点検は法で義務付けられていますから、是非遵守して下さい。
業者としては、見積のブレークダウンはクレーン点検に限らず値引き交渉の材料となりますので可能な限り出さないです。
例えばクレーンだと御社社内設備ですから御社で実就労時間は把握できますし、時間当たり工賃も明示してしまえば、「叩かれる」可能性大ですよね。
諸経費も20%と明示したら「高いなぁ」ってなりませんか?
私なら、20年以上も前から20台も受注戴けている上得意さんですから、\XX円/台程度は提出しますね。フセさんがどういうお立場かは判りかねますが時間単価だけで「高い」と言われるようでしたら開示は難しくなります。
元請・下請け・孫請けとどんどん実受注額は下げられることをご理解の上、
実務レベルで作業する人達が食べて行けてその会社の管理費も絶対必要だということをご理解下さい。
例えば値引き交渉材料には使用しない前提でなら提示されると思いますが。
つまり、実労時間と請求工数が同じでなくても問題とはしないということです。実務的には御社に到着するまでの準備作業とか発生しますし、早く終わったのは作業者の熟練によるものだとかを認められるかということになります。

投稿日時 - 2008-11-10 16:12:00

お礼

アドバイス ありがとうございました。

自分の立場でしかものが見えてなかったことに関して少し反省してます。

確かに弊社も下請け業者なので単価値下げということに敏感にはなっております。

ただ今自分の立場は 資材担当でいかに少ない金額で発注するかということが仕事なので値引きのお願いをしていくしかないですし、単純に思いつきの値段をお願いするという、いい加減な交渉では 相手に失礼ですよね、その為、見積りを確認した上でちゃんと交渉したかったのですが。

もちろん やって頂くのですから点検業者の経営が成り立つ程度にはお願いするつもりですが、見積りがあまりにもアバウトで 底の見えない井戸を見ているみたいです。

相手の立場も踏まえて交渉していくつもりです。
勉強になりました。

投稿日時 - 2008-11-10 17:21:00

通常は、「細かく見積を出してくれ」といえば、出してくるのが普通だと思います。
また、通常はクレーンの種類(荷重・型式等)で1基当りいくらと金額を決めている業者も少なくありません。
しかしながら、業者側からするとネゴのネタにされたくないという事と上記の1基当りで決めているから人工では出せないと2つの理由があると考えられます。
もし、減額したいのであれば、他の点検業者に細かい見積を作ってもらう事です。
それを現在の業者にぶつけてみる。(信頼関係が崩れるかもしれませんが・・・そのあたりはどこもやっているはずです)
もし自分でするのが嫌でしたら、貴社の資材担当に頼むのが良いでしょう。
資材はそういったことに関してはプロですから。

投稿日時 - 2008-11-10 16:02:00

お礼

早速の回答ありがとうございました。
私も他社へ見積りだけでもお願いしようかどうしようか考えていました。
ただ、私も今の業務を引き継いで2年しかたっておらす、20年以上もかかって築き上げた信頼関係を壊すのはどうか?
その両方でずっと考えていました。

ですが、文さんのアドバイスで背中を押されたような気がします。

会社が経費の削減を重要視している中でやるべきことは今まで通りの安全性と経費削減の2点のみですよね。

ちなみに私は資材担当です。
まだ場数も踏んでおらず 知識も浅いため交渉力にかけるのですが、
がんばってみます。
きっと良い点検業者はたくさんあると思います。
(単純ですかね)

改めて ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-10 16:57:00

あなたにオススメの質問