こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘリサートとエンザートの違い

初心者です。
ヘリサートとエンザートの仕組みの違いはわかるのですが、使いわけがわかりません。
こんな時にはこっちを使う、みたいなのをご教示いただけないでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-12 15:50:00

QNo.9454917

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 ヘリサートは、アルミダイカストなどの軟質材に挿入し、ステンレスの強固なめねじをつくります。強い締め付けを必要とする箇所、繰り返し使用され耐久性を求められる箇所に用いられます。ただヘリサート用の下穴加工+タップ作業+ヘリサート挿入作業が必要です。樹脂の種類によってはうまくタップ加工できないものもあります。ただしエンザートに比べ下穴は小さくて済むので、挿入スペースはエンザートよりは少なくて済みます。
 エンザートはヘリサートのようなタップ加工無しでそのままねじ込めるので、作業性はいいです。ただし下穴はヘリサートよりも大きい穴が必要です。またヘリサートタップが立てられないような軟質樹脂でもエンザートは挿入可能な場合があります。
 それぞれの長所・短所を考慮すると、アルミネジ部補強にはヘリサート、樹脂の場合はエンザートというのが一般的かと思います。

参考URL:http://www.sanyu-seiki.com/e_sert/index.html

投稿日時 - 2007-06-12 18:34:00

お礼

よくわかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-12 18:58:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

どちらもアルミや樹脂等の軟質材には有効です。
ただ繰り返し使用する場合、ヘリサートでは脱線して外れる可能性がありますのでエンザートの方をお勧めします。
強度的にもエンザートの方が強度があると思います。

投稿日時 - 2007-06-14 09:26:00

あなたにオススメの質問