こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

PC と PCフィルムの接着

PCとPCフィルムをシクロヘキサノンで溶剤接着しました。接着後1日以上経過した部品を、室温放置、車内(50℃)、外(30℃)に放置すると、外放置2時間後に、貼り付けたPCフィルムが持ち上げられ、エア-が入り、シ-ル面多少剥がれ気味になってしまいます。車内に入れた物は、1時間ほどで、全体のほぼ半分が、その状態になってしまいます。溶剤が完全では無い為(まだ残って反応状態)、温度が掛かると気化してしまい、そうなるのでしょうか。
そうならない様にするには、どうしたら良いでしょうか。
教えて下さい。

投稿日時 - 2007-07-11 17:29:00

QNo.9454563

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

溶剤接着は溶剤が蒸散しないと接着力はうまれない。それまでは固定加圧しておく必要がある。シクロヘキサノンの沸点は156℃の高温です、高すぎるのでは? 強制高温乾燥でもしない限り除去されない、いつまでも接着しない。
自然放置ではシクロヘキサノンがポリマーを膨潤させて、フィルムが膨張する。
PCでは、例えばジクロルエタン(沸点83℃)を用いて、60,70℃で半日以上熱風乾燥器で乾燥して接着させる。室温状態では多分1ヶ月後でも溶剤が残留しているので、接着しない。

投稿日時 - 2007-07-17 11:16:00

お礼

ありがとうございました。
回答してくれる方がなかなかおらなくて、確認が遅れてしまいました。
ジクロルエタンは、接着時白化等を起こすものなのでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-08 09:42:00

あなたにオススメの質問