こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

SKS3の熱処理後の膨張について。

こんにちは。
今日SKS3の厚み30?に、HRC50相当の焼き入れ後、貫通13ハイh7の加工をする加工で問題が起きました。

焼き入れ前に12.5ハイで貫通させました。
時間がないので焼き入れ業者には出さないで、別の者がフレームハードで焼き入れ。
ここで穴径を計測したところ、12.5ハイ→13.02ハイ位になっていました。
焼きを入れた者は0.5も膨張するはずないと、自分の加工ミスになりましたが、どうも納得いきません。

12.5ハイのドリルは再研した物ですが、同条件で加工した所、12.57位に出てました。
焼き入れの前にドリル径は計っていないのですが、私は確実にこの12.57のドリルで加工しました。

私は今でも熱処理に問題があったと考えているのですが、熱処理に詳しくないのでわかりません。
そこで詳しい方に、0.5位の膨張はあり得るのか聞きたいと思い投稿させてもらいました。
専門の方、また熱処理に詳しい方、宜しくお願いします。
これを機に熱処理の勉強もしていきたいです。

すみません補足ですが、フレームハードはガスでやってました。

投稿日時 - 2007-11-05 17:32:00

QNo.9453344

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

NO.307、NO.17918、他の投稿回答にも記述があるように、
焼入れの変寸量は、0.03~0.13%です。
因って、焼入れの変寸量以外の要因と考えます。

投稿日時 - 2007-11-26 11:48:00

お礼

お礼文遅れてすみません。
返信ありがとうございます。

NO.307、NO.17918も拝見させてもらいました。
やはり下穴のミスのようですね。
次からは焼き前の寸法確認もきちんとすることですね^^;

投稿日時 - 2007-12-12 10:22:00

あなたにオススメの質問