こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

金型材料の熱膨張係数について

 現在熱膨張計で金型材料の熱膨張係数を測っていますが、一般に金型材料は加熱・冷却速度をどのくらいのスピードで試験されていますか??
 100℃から400℃の温度範囲で、±10℃ですと理想的な熱膨張係数(12から13-6/K)になるのですが、±5℃(参考文献では5℃以下で通常行うとかいてありました。)では、大きな値(15.5-6/K)となってしまいます。
 加熱速度依存性があるのは文献で確認しましたが、一般に金型材料を作っている会社のHPでは記載されていません。どれくらいの速度が適正といえるのでしょうか??ご教授ください。

投稿日時 - 2007-12-23 16:13:00

QNo.9452722

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

金型材料の加熱・冷却速度スピードは、遅い方が望ましいのでは?
試験時間は、多く掛かりますが、
* 鉄には、変態点による体積変化がある
* 金型の表面と内部の温度を均一に保つ(同時に加熱する)事は難しい
* 硬度アップや潤滑性向上目的で、金型表面の成分が大きく異なる線膨張係数の差
等々で、参考文献の遅い方を小生は選択します。
<意地悪テストなら、大きい方を選択します>

投稿日時 - 2007-12-25 16:17:00

あなたにオススメの質問