こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

芯円加工

皆さん明けましておめでとうございます。
今年もどうぞヨロシク御願いします。(ぺコリ)

縦マシニングでの芯円加工でアドバイスが欲しいのですが御願いします。

材質 アルミ

加工 下穴Φ17.0からΦ25.0H7に芯円加工(深さ20.00)

の加工なのですが、加工部は片側に壁(縦200ミリ)がありエンドミルをかなり長く突き出さなくてはなりません。
とりあえず、全長250mmのΦ15.0のエンドミルで試してみたのですが、ビリが出て話になりません。加工部Φ25.0H7の中心から壁までの距離は20.0mm
程しかなく、主軸があるのでエンドミルを短く持てません。

今度は、Φ25.0の長さ250mm位の丸棒(鋼)に、エンドミルを(超硬)つけて加工してみたのですがやはりビリます。まだこちらの方がましなのですが。
加工時間がかなり掛かってしまい、困っています。


しかも、終わっていないのにリピートが来ました。
何か良い方法はありませんか?

_______      ____ ______
       |         ↑ ↑
|
|
|
| 250mm  200mm 
|
アルミ |
|____ _________________↓
        |_____||
| | |           座繰り深さ20.0±0.03
_________|___|_| _____↓

       |  |
|←→|
     壁から穴中心より20.00mm

Φ17.0穴は加工済み。

投稿日時 - 2006-01-05 15:27:00

QNo.9452649

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

こんばんは

エンドミル加工で真円が満足できるけどビビルが問題というのであれば
シャチさんが言われるように
先端部だけ残してあとは逃がせばビビリを減らす事が出来ます。
例えば先端部外周刃を4ミリ残してそこからシャンク側をグラインダーでφ0.5程度落として逃がします。

Zの切り込みを3ミリ程度でして補正かけ円弧補間で加工します。それでもビビルようでしたら四枚刃(剛性があります)のエンドで3枚を間引き(グラインダーで落とす)して1枚刃で加工します。多少のビビリ(面粗さの半分以下)はあとから手作業になりますがペーパーで追加工してきれいすればよいと思います。
※ただし穴径の調整は非常に難しいと思います。

ps 可能でしたら、ビッグさんのストレート超硬ボーリングバーをお勧めします。

投稿日時 - 2006-01-06 22:14:00

エンドミルの側面有効部をグラインダーなどで落としZピッチを細かくして
加工してみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2006-01-06 12:37:00

お礼

刃長自体はあまり関係無い様な・・・。
Zピッチは0.05まで細かくしてもビリます。
ちなみに、回転数はS200~1000くらいまで色々と試しました。
やはりビリます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-06 13:23:00

ミーリングチャックは日研にシャンクφ32が掴めるBT40-C32-105が有ります。
延長アーバーのシャンクはφ32にしてください。

また1案のボーリングですが大昭和精機のカイザーはエクステンションで延長が可能です
ただし接合インターフェースはCKでなくABSを選んでください、接合の強度が違います
また刃先のチップはアルミ用のスクイの大きいノーズRの0.4Rあたりが良いと思います
追加された図面から判断すると深さに公差があり座繰りの底の面が精度が出ていないと
ならないようなのでボーリングの加工順は
1.荒ボーリング
2.仕上げボーリング
3.底仕上げボーリング(上面との平行だし)
となります、このような場合カイザーはヘッド交換式ですのでお勧めです

ボーリングバーの購入は高価ですが仕事があれば効果を発揮すると思いますので検討しても良いのでは無いでしょうか?

投稿日時 - 2006-01-06 09:36:00

お礼

ボーリングなどは確かに高いですよね。
なかなか、このような仕事は今後無いと思うので、購入に踏ん切れません。
アルミなので簡単に加工出来ると思ったのが失敗でした。
ボーリングなどを買ってしまうと、赤に・・・・。
しょうがないですね。アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-06 10:02:00

こんにちは。
下穴Φ17は加工済みなのか?穴底形状に制限あるのか?
などが不明なので何とも言えませんが、Φ25H7の
突き出しが長い穴加工ならボーリングの方が良いと思います。
Φ17が既に加工済みならもう一発下穴加工が必要ですが、
アルミなら切削負荷も少ないので、取り代を調整すれば
全長250mmでも精度は出ると思います。

ご参考。
 例)BIG CKボーリング EWNボーリングヘッド+CK超硬ストレートシャンク
   NIKEN ZMACボーリング  等々

投稿日時 - 2006-01-05 17:53:00

お礼

ありがとうございます。
Φ17.0の穴加工は裏より加工済みです。
やはり、ボーリングの方が良いですかね?
単品加工(リピート含め4個)の為なかなか、お金が掛けられないのですが・・・。
しかし、BIGor日研にそんなに長いボーリングありましたっけ?
調べてみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-06 08:24:00

真円加工ですね?
1.ボーリングが一番早いと思います。
2.1案がだめなら
φ15エンドミルの場合、延長アーバーはφ30未満で壁面に干渉しない
ので、φ29で延長アーバーを作り芯振れを極力抑えるためにエンドミルを焼きバメとする。
ミーリングホルダーはサイドロックはNG、できれば二面拘束(もちろん主軸が対応していればのはなし)
更に切削抵抗を下げるためにアルミ用のエンドミルとする。

OSGのベストカットも良いかも

投稿日時 - 2006-01-05 17:34:00

お礼

早速ありがとうございます。
今の現状ではΦ25.0までしかコレットが無い為、Φ29.0はつかめません。
#40なのでコレットは無いかも知れません。
とりあえず知れべてみます。
焼きバメは今の設備では無理そうです。
OSGのベストカットも試してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-06 08:17:00

あなたにオススメの質問