|

締切り済みの質問

アルミA6061のドリル切り屑処理

アルミA6061の穴あけ加工をbrother製対話形タッピングセンタにて行っていますが、切り屑がドリルに巻きつき、毎回手作業での除去作業が発生し困っています。使用している工具は、三菱マテリアルの汎用ドリルであります。
径はそれぞれ
Φ2.4 L=13mm 通し
Φ4.8 L=13mm 通し
Φ3.2 L=6mm 通し
Φ5.4 L=8mm 止り であります。

巻きつきをなくす・抑える方法をご教授いただきたいと思います。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-10 01:06:00

QNo.9452627

すぐに回答ほしいです

  •   
  • 回答(4)

    ANo.4

    こんにちは
    ステップフィード加工が、ステップの間隔が穴底まで一定の切り込み量で加工する事が出来ないのはツライですね。もし、機械のパラメータ設定が無理であれば、自分でマクロを作るしかないと思います。
    それと、刃物に対する加工条件がピタっと合えば、切子り屑はほとんど絡まなくなりますよ。見つけるのは結構大変ですけど。
    ドリルは、ナチのDLCコートされたハイスドリルがいいと思います。送りもかなり速いし、切り込みも径の3倍はいけます。そして安い!!
    このドリルを使って、1度に2000ヶ所くらい穴加工しますが、ほとんど切り屑は絡みません。どの刃物を使うにしても、やはり良い条件を探すことだと思います。 参考になれば幸いです。

    投稿日時 - 2006-01-12 16:07:00

    ANo.3

    こんにちわ。
    ステップ量を減らし回転を上げれば解決できると思われますが・・・。
    機械上ステップ量がどうだら、こうだらって言われていますが、パラメーターで出来るはずです。対話のプログラム入力ではなく、機械のパラメーターです。
    ブラザーの機械は分かりませんが、加工パラ・ユーザーパラとか設定が必ずあるはずです。

    ドリルはアルミ様にし、それでも絡むようであれば刃先にニックを付けてみても良いかも・・・。よく、アルミの穴加工では、バリ・カエリ対策にニックを付ける事もあります。余計に巻き付いたらごめんなさい。
    ニック付きドリルで検索してみれば、どこかに当たるはずです。
    あまり、参考になりませんね・・・。頑張ってください。

    投稿日時 - 2006-01-12 13:45:00

    ANo.2

    私の経験からもうしますとステップフィード量は一回転当たりの送りの10倍~15倍だと思います。
    出来れば底まで一定が良いですね、ユーザーマクロが使えればご自分で固定サイクルを
    作るのも可能かと思いますが・・・

    加工後高速で逆転時はクーラントも出してください。

    投稿日時 - 2006-01-12 10:58:00

    ANo.1

    加工後高速で逆転を入れれば取れることがあります。

    アルミ用のドリルを使い送りを出来る限り上げ切粉の厚みを厚くすると
    切粉は切れやすくなります。

    高圧のクーラントをドリル先端から出せば絡みは軽減されると思います。

    またそういった方法がとれない場合は昔ながらのステップフィードを行うこと
    ですね。

    投稿日時 - 2006-01-10 11:12:00

    お礼

    ご回答ありがとうございます。
    高圧クーラントの内部給油方法は、機械的に無理ですので加工後の逆転試してみます。
    また、ステップフィード加工は、ステップの間隔が穴底まで一定の切り込み量で加工する事が出来ない機械仕様となっています。(口元から、奥に進むにつれて、切り込み間隔が短くなっていく方法しかとれません。3mm 2mm 1mm という風に最大で15回のパス回数になります)ですので、最初から1mmで切り込もうとすると、2回目・・3回目・・ではコンマ代の切り込み量になりまして、加工時間もかさんでしまい、加工効率が落ちてしまいます。また、15回目以降は15回目の切り込み量と同じ量になり、穴底まで繰り返します。当方は、1回の切り込み量はドリル径の1/2と考えておりますが、よりよい切り込み量がありましたら引き続きご教授頂ければと思います。また、他にアドバイスありましたらなんでも結構ですのでよろしくお願いします。

    投稿日時 - 2006-01-11 23:00:00

    あなたにオススメの質問