こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

食品向けステンレス機器の洗浄について。

ステンレス製食品製造機器の関連部品(新設品)を脱脂洗浄しようと思います。主な部品形状は配管で、流体は不活性ガスです。
(高粘度の流体などで食品に直接取り込まれる事はありません)

予定ではアルコールでの洗浄を考えておりますが、こういった場合数あるアルコールの中でどのような種類のものを用いれば良いのでしょうか?
条件としましては揮発性が高めの種類(乾燥処理時間短縮)で、できれば引火性は低い種類で低コストのもの。両立が困難な場合の優先順位は低引火性のほうでしょうか。

ご教授よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-03-11 22:30:00

QNo.9452054

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

アルコールであればメチルアルコール(メタノール=C2H5OH)が食品用としては安全ですが、引火点はエタ100%で約10℃、70%で約20℃です。
エタの爆発限界は3.3~19.0Vol%です。火気厳禁です。エタノール MSDSで検索するとデータがすぐにわかります。

補足説明があるともっとアドバイスを頂けると思います。
例えば
低引火性といっても、引火点が何度以上あればよいのか?
洗浄は滅菌も兼ねているのか?
食品に使用するといってもどの程度の残留分まで許容でき、洗浄はどの程度まで求めるのか?
液の貯蔵、廃液の処理まで考慮した上で低コストを求めるのか?

投稿日時 - 2006-03-11 23:33:00

お礼

svo002様

迅速且つ的確な回答有難う御座いました。

洗浄目的は主に滅菌を考えておりました。機器の洗浄後、溶接作業が入りますので乾燥時間の短縮だけを気にしすぎて、安全性を無視する訳にも行かないので、乾燥性は二の次にしました。
当初の予定よりも洗浄対象物が減った事もあり、コストもそれ程シビアに考慮しなくて良くなったので、今回の洗浄剤はIPAを使用しました。
次回からは、MSDSで充分に検討してから作業に入りたく考えております。

この度は有難う御座いました。

投稿日時 - 2006-03-21 19:41:00

あなたにオススメの質問