こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

商標拒絶理由対応の仕方

お世話になります。
商標法第3条1項6号に該当するとされ、拒絶理由通知が送られてきました。
意見書は、どのように書けばいいのでしょうか?
また、意見書を自分で書くときに参考になる本等がございましたら、お教え下さい。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-03-23 13:44:00

QNo.9448610

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

御社がどのようなビジネスを展開され、どのような商標を出願されたかはわかりませんので、的確な回答になっていないかもしれませんが、ご参考まで。
質問者の回答期限には間に合いませんが、最近の一般的な話として、特許庁が臨時職員を雇い始めて以降、不可解な審査が目に付きます。商標審査は、通常、単独で行われるため、力量不足で審査された可能性も否定できませんが、この点を指摘しても、判断は覆りません。
商標法第3条1項6号での拒絶理由を持ち出すなら、個人の出願はすべて拒絶されますし、新規事業への参入は考慮されないということになりますが、該当指定商品を扱っておられるなら、カタログ、商品リスト等を参考資料として添付され、確かに当該商品をビジネスの対象としている旨を明示すれば、新人審査官の面子を損なうことなく、受け入れてもらえると思います。
扱われていない場合には、たとえ登録になっても、不使用による取消審判請求をかけられると、登録取消しとなります。

投稿日時 - 2005-04-25 13:06:00

あなたにオススメの質問