締切り済みの質問

長穴のピッチ、径の測定

部品の精度測定について御意見を下さい。
300x500x20程度の板状ワーク中心の長穴(R125,ピッチ160)を計測します。
公差は、R部が(+0.04~+0.01)、ピッチが(+0.02~0)です。
三次元測定器を用いないで測定を行いたいのですが、どのような器具が最適でしょうか?
調べたところ、ノギス,ピッチノギス,ホールテスト等、様々な器具がありますが、対象が大きな長穴の為、使い勝手が不明です。
また、素人考えですが、検査治具ゲージのような物は現実的ではないと思うのですがどうでしょうか。(通しゲージ,止まりゲージが必要?作業時にワークが噛んでしまう?)
漠然とした質問で申し訳ありませんが、ご経験談やアドバイス等ありましたらお願いします。

投稿日時 - 2005-05-02 15:38:00

QNo.9448206

暇なときに回答ください

  •   
  • 回答(3)

    ANo.3

    うろ覚えですが、マイクロハイド(ハイトかも)という基準面から
    垂直方向を精度良く測定できる測定器があります。

    私なら、ピッチ測定方向へ垂直に立てる(マグネット付きのブロックで)
    ことができれば、( )の中心と( )の中心を求める測定モードが
    備わっているので、何とか測定できます。
    長穴の平行部の中心同士ならすごく簡単です。
    R部方向ですとRの下限を探しながらになるので、少し面倒です。

    あと、お気づきかもしれませんが、
    測定方向へ正確に垂直に立てるのが測定精度に効いてきます。
    もの、見てないのでそんなハンドリングが可能か自信ないですが・・・

    参考になれば幸いです。

    投稿日時 - 2005-05-11 20:48:00

    お礼

    マイクロハイトでweb検索したら出てきました。
    このような測定器があるとは知りませんでした。
    ワークによっては重宝しそうですね。
    今後の参考にさせて頂きます。
    ありがとうございました。

    投稿日時 - 2005-05-12 17:35:00

    ANo.2

    もうちょっと小さいものですが、数モノですが、
    長穴に関してデジタルノギスのみでピッチ及び長穴の幅をみてます。
    Rは長穴の幅がよくて段差が無ければ、エンドミルを回転させているので、Rはきちんとつくだろうとの推測ですが。

    投稿日時 - 2005-05-10 19:01:00

    お礼

    なるほど、小さいワークの場合にはそのような考え方もできますね。
    ありがとうございました。

    投稿日時 - 2005-05-11 07:25:00

    ANo.1

    ここまでの精度を要するワ-クであれば、ゲ-ジでの測定は不向きと考えます。サイズからみてむつかしいかもしれませんが工具顕微鏡はどうでしょうか?一度ご検討してみてください。

    投稿日時 - 2005-05-06 09:07:00

    お礼

    早速のアドバイスありがとうございます。
    なるほど、ワークサイズによってはそんな方法もあるのですね。
    とても参考になりました。

    投稿日時 - 2005-05-06 12:42:00

    あなたにオススメの質問