解決済みの質問

同時5軸制御時の送り速度

横形マシニングセンター(5軸)の送り速度について
送り速度に関して、CAMで出力される送り速度が回転軸(A,B軸)を含む
同時5軸移動時、送りが極端に遅く感じられます。
同時5軸移動時の送り速度を求める計算式を知りたい。
お願いいたします。

投稿日時 - 2005-08-09 20:14:00

QNo.9447140

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

工具中心の速度を一定にすることは可能です。
CAMのポストが対応していれば、1ブロックごとに異なった送り速度が
出力されるはずです。
(対応していない場合、CAMの販売店に言えば、
対応したポストに変更してもらえるはずです。
有償かもしれませんが・・・)

計算式の中身としては、
(みかけの送り速度F)=(1ブロックに移動する距離d)/(時間T)
という簡単な式から求めているはずです。
つまりNCはA点からB点まで(1ブロック間)動くのに
T(時間)で動くように制御されます。

ここで、移動距離は旋回軸(度)と直線軸(?)を混合した以下の値となります。
1ブロックに移動する距離=SQRT(dx^2+dy^2+dz^2+da^2+dc^2)です。
(旋回軸がA,C軸の場合)

仮に1ブロック間をCLデータ上で加工面に対し等間隔に出力して、
加工する全距離が分かっていたします。
ここで実際の送り速度を指定すると、
1ブロック間にかかる時間は決まりますよね。
あとはさきほどの「速度=距離/時間」に代入すれば、
1ブロック間に指令する(みかけの送り速度)は決まります。

この説明で理解できるかは疑問ですが、
このような仕組みになっているはずです。
(おおよそは理解できるでしょうか?)

また余談ですが、先端点制御に対応している機械であれば、
3軸加工のようにプログラムの冒頭に送り速度を入れるだけで、
理論上は工具中心の速度が一定になるよう指令されます。
(つまりNCがワーク原点と旋回中心の距離を考慮しながら
上記の計算式を実行します)

投稿日時 - 2005-08-17 17:26:00

お礼

ありがとうございました。
親切なわかりやすい説明で助かりました。

投稿日時 - 2005-08-17 21:46:00

  •   
  • 回答(2)

    ANo.1

    うちの5軸(インペラ加工)の話です、最新の情報では有りません。
    直線軸と回転軸の組み合わせですから刃物先端の送り速度は
    その都度計算が異なり実質計算は出来ないと思います。
    実情はテスト加工してみてオーバーライドで調整し区間毎の送りを
    メモって後でプログラムの送りを書き換えます。

    計算式は有るのかも知れませんが同時5軸加工は
    工具の送り方向までも次々変わって行きますので
    結局の所一般的に言う1刃当たりの送りなどに
    換算した計算は意味が無いかも??知れません
    それで実加工(試削)でオーバーライドで音と
    ビビリ、仕上がりなどを見ながら調整するわけなのです。
    そりゃ大変ですよ、あれば私も欲しいです。

    投稿日時 - 2005-08-10 08:53:00

    お礼

    回答有難うございました。
    やはり、計算式はないんでしょうか。
    都度メモするのもたいへんですね。

    投稿日時 - 2005-08-10 12:30:00

    あなたにオススメの質問