締切り済みの質問

ボールエンドミルの工具径補正

今月からマシニングセンターのプログラムを勉強し始めたばかりの初心者ですが、なにとぞよろしくお願いします。

ボールエンドミルを使用する場合の工具径補正について教えてください。

普通のエンドミルはXY平面上で工具径補正をしますが、ボールエンドミルで傾斜面を削る場合は、どのように工具径補正のプログラムを考えればよいのでしょうか。3次元的に工具径補正するようにプログラムするものなのでしょうか。(・・・というか、そういうように出来るものなのでしょうか)

どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-04-11 01:59:00

QNo.9444961

すぐに回答ほしいです

  •   
  • 回答(3)

    ANo.3

    ボールエンドミルで傾斜面を切削する場合ですが、
    断面形状に対してボール半径分オフセットした位置が工具経路になります。
    すなわち工具中心の経路を求めてやることでプログラム可能です。
    XY平面でエンドミル加工する時、形状にたいしてエンドミル半径分直角にオフセットするのと同じです。

    投稿日時 - 2004-04-12 12:27:00

    お礼

    ご回答ありがとうございます。
    ボール半径分ずらした位置を工具経路と
    考えて、これを求めてやればよいのですね。
    まだまだ不勉強ですが、これからもよろしく
    お願いいたします。

    投稿日時 - 2004-04-13 00:28:00

    ANo.2

    CAD/CAMを使わずに
    一から手でプログラムをするのでしょうか?
    傾斜面は平面で一つの角度であれば手でプログラム
    をくめますが、XY面で30度、XZ面で45度とか
    では、CAMでないと無理です

    G17でXY輪郭を理解できているならば
    XZはG18,YZはG19でG41、G42
    が各平面でつかえます、このときボールRの
    中心で考えないといけません。
    XYでもエンドミル中心が工具半径分補正します
    からYZ、XZもボール中心で補正します。
    工具との関係が、見た目がちがうのでXYとは
    別のようにみえますが、理屈は同じです、
    YZ平面は補正方向が反対のようにもみえますが
    これも考え方はおなじです、
    XZで角度つきプログラムをY方向にピッチ分
    ずらして、繰り返せば傾斜平面ができます

    投稿日時 - 2004-04-11 16:02:00

    お礼

    ご回答ありがとうございます。
    基本的には普通のエンドミルの工具補正と同じ
    考えでよいのですね。
    まだまだ未熟ですが、今後ともどうぞよろしく
    お願いいたします。

    投稿日時 - 2004-04-13 00:23:00

    ANo.1

    こんにちわ。
    ボールエンドミルの場合、通常新品はボール部分はほぼ千分台で寸法通りに作られています。再研磨の場合も底刃のみの研磨となりやはりR部分は精度よく研磨されます。
    今回のケースは、ボールエンドミルのスジ彫り加工ですね。切削の進行方向(アップカット又はダウンカット)によって出力されるGコードは違います。CADによって自動的に出るならばジグザグ加工も可能かと思います。
    工作機械によって3次元工具径補正と言う機能はあります。これも進行方向に影響します。制御装置のマニュアルを参考にしましょう。
    CADCAMを用いてプログラムを行っているならば、一番簡単な方法は実測されたボールエンドミルの直径を入力するのです。ボールエンドミルの直径と言うよりRの大きさを測り工具径を決めたほうが良いでしょう。
    ただし、余程の面精度の仕上がりを機械加工のみで要求されない限り、加工面の磨き作業が入るわけですから、百分のいくつの径の誤差ならば無視してもよろしいのではないでしょうか。
    ボールのスジ彫り加工はなるべく工具径補正は入れないようにプログラミングをしたほうが良いと思います。

    投稿日時 - 2004-04-11 08:50:00

    お礼

    お返事ありがとうございます。
    なるほど、もともとの工具径は千分台で
    出ているものなのですね。
    まだまだ不勉強ですが、これからもどうぞ
    よろしくお願いいたします。

    投稿日時 - 2004-04-13 00:10:00

    あなたにオススメの質問