こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

木質材のホルムアルデヒド測定の換算方法について

お世話になっています。
パーティクルボードなどのホルムアルデヒドの測定方法が日本と欧州で違いが有り、数値の比較が出来ません。換算方法などご存知の方がいましたらお願いします。
例えば欧州規格EN120で2.5mg/100gと
JISA5908 0.5mg/Lとはどちらがホルマリン含有量が少ないのか。
EN120はパーフォレーター法(perforator method)
JISではデシケータ法(Desiccator)です。

投稿日時 - 2004-04-23 13:11:00

QNo.9444871

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

最後の一説に関して、以下訂正です。
「室内空気中化学物質濃度の指針値(厚生労働省」は、ホルムアルデヒド:
100(μg/m3)≒100(μg/kg)=0.100(mg/kg)
=0.100(ppm:質量基準)

すみません

投稿日時 - 2004-11-04 08:56:00

私も同じ(似た)ところで悩んでいます。
答えになってるかどうかは、定かでありませんが、EN120:extraction method(抽出法)という訳があり、アセチルアセトン法同様の水?抽出法ではないかと予想します。
ちなみに、2.5(mg/100g)=25(mg/1kg)=25(ppm),

一方、0.5(mg/L)とはデシケーター法なので、空気中の体積濃度でしょう。これを質量に換算すると;
1(L)空気=約1.2(g)←理想気体と考えて、24.6(L/mol @27C)→1(L)/24.6(L/mol)の空気(平均Mw=29)と計算。
したがって、0.5(mg/L)=0.5(mg/1.2gのAir)=約0.5(mg/g)=500(μg/g)=500(ppm)となるのではないでしょうか・・・
"ホルマリン4stars"はそんなに甘い規格なの??
ちなみに「室内空気中化学物質濃度の指針値(厚生労働省」は、ホルムアルデヒド:100(mg/g)=0.100(μg/g)=0.100(ppm:質量基準)です。
答えになっていなくてごめんなさい・・

投稿日時 - 2004-11-02 19:32:00

補足

アドバイスありがとうございます。デシケータ法は日本の規格で、実際に測定して頂いており、理解できるのですが、日本ではパーフォレータ法の試験をしてくれるところがありません。ヨーロッパの規格ではE1という基準がパーフォレータ法で2.5mg/100g以下ということで材料が流通しているのですが日本のデシケータ法で測定すると2スター位の値になっているようです。学説では換算式も見受けるのですが、その幅がアバウトすぎて信憑性に欠けます。
パーフォレータ法で同一の材料をヨーロッパで測定するしかないのかも知れませんが、試験方法を確認してみます。
/100gが何なのか理解出来ていません。25ppmとは思えませんが。

投稿日時 - 2004-11-05 12:03:00

あなたにオススメの質問