こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

酸素配管の材質について

はじめてご質問します。
現在業務で酸素配管(酸素濃度99%)の配管材質を選定しています。
コストの面から鉄材(SGP)と考えていますが、脱脂処理品を使用した場合錆が心配です。
酸素配管に錆は厳禁でしょうか。(施工後のブローは計画しています)
本件に関してご経験をお持ち方がいらっしゃいましたらお教えください。諸条件は下記に示します。
圧力:0.3MPa
温度:常温
配管取扱い上の特記事項:脱脂処理品とする

投稿日時 - 2004-07-26 10:01:00

QNo.9443962

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>酸素配管に錆は厳禁でしょうか。

錆は鉄粉なので発火の原因になります。
したがって、錆の発生が無い材料の選択が必要です。(銅、アルミニウム合金、18-8ステンレスなど。)

投稿日時 - 2004-07-27 00:04:00

お礼

早速のご対応ありがとうございます。
>錆は鉄粉なので発火の原因になります。
その部分が非常に心配な部分で悩んでいる部分でした。
発火の原因はなるべく除去した方がよいと思いますがコスト等の問題も捨て置けません。
でも安全第一で再考します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-27 08:37:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

少しぐらいなら、いいと思います。
当方では、酸素管は、STPG-370S S-40を使用しています。

投稿日時 - 2004-07-26 23:00:00

お礼

ご解答ありがとうございます。
業務に支障なければinkouさんのところの酸素濃度及び施工時の清掃方法又は施工仕様についてお教えいただければ幸いです。
また、STPG管に決定した経緯もおわかりでしたらお教えください。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2004-07-27 08:49:00

やはり無難なのはSUSではないでしょうか。
錆は厳禁か?というご質問ですが、用途によりますよね?
脱脂をするくらいですから錆・コンタミなど不可な
ラインなのではないでしょうか?

投稿日時 - 2004-07-26 17:18:00

お礼

早速のご対応ありがとうございます。
用途ですが、バーナーの燃焼ガスとして使用しています。接続口一次側にはストレーナを設けています。
心配事は鉄錆等の原因による発火が起こりえるのかということでした。
酸素は支燃性ガスでそれ自体では燃焼がないようですが、過去に私自身同ケースの仕様の経験がなく不安材料となっています。

投稿日時 - 2004-07-27 08:45:00

あなたにオススメの質問