こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

軸受の焼嵌

シャフトに軸受を取付ける際、はめあいが若干締まり勝手になっている場合、皆様はどのように組立てておられますか?
実際、軸受を直接ガスの火で炙って径を大きくして組込んだりするものでしょうか?直接炙る事には抵抗が有ります。
何か良い冶工具や方法があればご教示願います。

投稿日時 - 2004-08-04 12:45:00

QNo.9443870

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

当方の組立現場では、軸受を加熱膨張させる場合、電気ヒーターによる加熱、或いは加熱炉(大形のオーブンだと思ってください)を使用しています。

小径部品(おおむねφ100以下)の場合はドライアイスを使用して、軸の方を冷却収縮させる方法も取っています。

どちらにせよ、軸受を直火に当てる事はしていません。

投稿日時 - 2004-08-04 13:12:00

お礼

回答ありがとうございました。
やはり直接火で炙るのは乱暴ですよね。

ところで、電熱ヒーターで加熱するような工具が有るようですが、どのようなものでしょうか。
弊社でも利用できそうなら購入も考えたいです。
差し障りなければご教示下さい。

ちなみに弊社製品は、軸受内径でφ80φ300くらいのものもあります。

投稿日時 - 2004-08-07 09:54:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

 そうですね,炙るのは気持ち悪いですね。

 内輪直径が50mmほどまでの小型の軸受で,日に数多く取り付ける場合には,小さなプレスで押しています。大きいものは,軸受を取り付ける軸側を液体窒素で冷やして取り付けています。冷やすことができない場合には,内輪に当て板を当て,その当て板に2ヵ所タップ穴をあけて,長ボルト2本でねじの力で引張っています。

投稿日時 - 2004-08-04 12:57:00

お礼

回答有り難うございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2004-08-07 09:55:00

締め代によりますが、シャフトを冷やし嵌めるか油圧ジャッキを使って押し込むかでしょうか。
冷やすのは液体炭酸ガスか液体窒素を使います。
(ドライアイスでも良いかな)

軸受けを大きくする場合は温度コントロールした油で揚げます。

投稿日時 - 2004-08-04 12:55:00

直接 火を使うと酸化したり、劣化したりしますよね。私の知っている人は、蒸気で温めてはめていました。

投稿日時 - 2004-08-04 12:51:00

あなたにオススメの質問