こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

硬質クロムめっきのクラックに残存した油の検出方法

硬質クロムめっき皮膜に存在するマイクロクラック内に油が残存しているかを簡易的に調べたいのですが,何か良い方法をご教授お願い致します。

投稿日時 - 2004-08-25 09:07:00

QNo.9443681

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

申し訳ありませんが
製造現場で簡単にというと思い当たりません

FT-IR顕微分析装置はなんの前処理 真空環境も必要なく 製品を装置までもつていければ すぐに分析ができると思います。ただ硬質クロム製品は大きなものがありますからね
工業試験所にその他の方法がないか相談してみるのもいいと思います。

投稿日時 - 2004-09-21 11:20:00

簡易的とはいえないですが
最近 FT-IR顕微分析装置がでてきており 極微量な有機物も分析できるときいております。
工業試験所等に相談したらいかかでしょうか

投稿日時 - 2004-09-15 14:17:00

お礼

お礼が遅れて申し訳ございません。
残念ながらここまで大がかりな分析までは考えておりません。マイクロクラックの間に油が残存しているかどうかだけを判断したいのです。油の量や種類を特定したいわけではありません。例えば、ピンホールが素地まで貫通しているかどうかを試験するフェロキシル試験のような方法を探しているのですが、なかなかそのような簡易的な方法はないものでしょうか?

投稿日時 - 2004-09-21 08:59:00

あなたにオススメの質問