締切り済みの質問

放電加工との境界は?

フライス用の ペンシルネックボールエンドミルや
首の長い ボールエンドミルを見て
「本当に鋼材が 削れるのかよぉー?」って 思って
各社のカタログ中の 長さを10段階で表現するなら
3段階くらいまで 味見をしてます。

なんとか削れるのですが、放電加工するのと比べて
凄く時間がかかっているように感じています。


フライス加工機も 放電加工機も 御持ちの皆様
HRC40まで程度の鋼材の 複雑形状加工時に
どこを 直彫りと放電の境界にしておられますか?

ストレート品なら
刃先直径*首長=?
刃先直径*突出長=?

ペンシルネック品なら
テーパ0.5度は 刃先直径*首長=?
テーパ1.0度は 刃先直径*首長=?
テーパ1.5度は 刃先直径*首長=?
テーパ3.0度は 刃先直径*首長=?

こんな値で線引きできないのかも知れないですが
放電より直彫りでと考えれば良いのは
どのあたりでしょう? 宜しく御願い致します。

投稿日時 - 2004-11-26 18:46:00

QNo.9442703

困ってます

  •   
  • 回答(1)

    ANo.1

    これは一概には言えない、加工だけの問題ではなく、機械の空き具合とか段取りとか磨きとか社内か外注かとか、採算とか納期とか、最近の傾向は
    出来るだけ切削で!、という方向ですが、これは
    多分に機械メーカーの販売戦略もあるので
    あまり気にしないほうが、いいとおもいますが

    投稿日時 - 2004-11-28 13:03:00

    お礼

    回答ありがとうございます。

    色んなしがらみを 全て度外視して
    純粋に 放電か?直彫りか?だけで どのあたりと線引きされておりますでしょうか?

    投稿日時 - 2004-11-30 08:45:00

    あなたにオススメの質問