こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

噴き付け塗装ごみ

当社スプレーガンで噴き付け塗装を行っているのですがブース内の掃除は徹底して行っているつもりですが依然ごみ(ほこり)の不良があとを絶えません。クリーンルームなどの費用のかかる処置は取れませんので皆様の意見ありましたら教えてください。
当社工程は塗装ベース→仮焼き(50度10分)→色付け→本焼き(160度30分です)
よろしくお願いします。
また、その直しについても意見ありましたらお願いします。現在はすべて剥離しています。

投稿日時 - 2003-08-05 12:52:00

QNo.9440928

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

別の観点からひとつアドバイスしたいと思います。
塗料をシンナーで希釈した後、濾紙(ストッキングが良いらしいです)などで濾してみてください。小さなごみが取れると思いますよ。

投稿日時 - 2003-08-10 13:18:00

お礼

ありがとうございます。
もう一度ろ紙の品質を見直して見ます

投稿日時 - 2003-08-12 09:01:00

ごみ(ほこり)不良ということですが皆様のおっしゃるようにブース内がプラス圧という良い環境であれば、塗装中での原因でなく、素材についているごみ(ブツ、糸ごみ)の払い切れないものが残っていてそれが原因での不良発生とかんがえられます。

素材についたほこりをとる方法を検討されたら良いと思います。

投稿日時 - 2003-08-10 07:55:00

補足

ありがとうございます。
もう一度洗浄工程を見直してみます。

投稿日時 - 2003-08-12 09:02:00

プラスチックの塗装をしている者です。
要因としてすぐに思いつくのは
給排気装置のエアーバランス。
給気装置のフィルターの汚れ。
静電気。
ですね。
一つずつ見直していった方がいいのでは?
エアーバランスは出入り口の辺りで線香(この時期なら蚊取り線香かな?)の煙の動きを見れば分かります。
静電気については除電装置とかでなんとかなると思います。
水を撒くのも静電気対策にもなります。
あと乾燥していない製品を3050cm以下の場所に置くと舞い上がった埃が着きやすいですね。

投稿日時 - 2003-08-06 13:38:00

お礼

ありがとうございました

皆様の意見を聞いてもやはり、エアのバランスと
静電気が大きな要素だとわかりました。
よく見直してみます。
またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-08-07 08:43:00

ブース内がプラス圧、床は散水、掃除はきっちりやっておられるということであれば、静電気が悪さをしているのではないでしょうか?
静電気中和エアガンなどが有効かもしれません。
参考URLは一例です。

参考URL:http://www.blovac.com/

投稿日時 - 2003-08-06 12:45:00

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-08-07 08:44:00

 おはようございます。
 弊社でいうダクトとは、排気設備の事です。
記載内容を確認させて頂きましたが、あつかう対象製品などから、弊社より貴社の方がホコリや塵に対しての要求・追求レベルが高いように思います。その為、あまり良いアドバイスができず申し訳ありません。
 
   

投稿日時 - 2003-08-06 08:32:00

お礼

ありがとうございます。
排気、給気の容量が弱いのかもしれません。
今一度、容量を見直してみます。

投稿日時 - 2003-08-06 08:50:00

産業用機器の大型のフレームの塗装を依頼している塗装屋があるのですが、そこの塗装屋の本業は新車の大型トラック等の塗装をしており、ホコリは禁物だそうです。ブース内を見せていただきましたが床下には水が流れており、天井からエアーが出ていました。天上からのエアーでホコリを飛ばし床下の水でキャッチさせるような感じでした。上記の方法は扇風機とホースの水でなんとかなるんじゃないでしょうか?専門家ではないので参考までに。

投稿日時 - 2003-08-06 00:02:00

お礼

ありがとうございます。
ごみを飛ばすという考えでいろいろやって見ます。

投稿日時 - 2003-08-06 08:52:00

こんにちは。
弊社の場合、貴社もそうかもしれませんが、ダクトが設備されています。が、他に費用がかからない方法と言えば、良いのか悪いのか分かりませんが、弊社では床に水をまいて塗装していますよ。それと、ハンガー等で吊せるものであれば、穴などを利用して吊して塗装しています。直しについては、ほとんどないのですが、残念ながら直しが必要な場合は、貴社と同じで剥離です。

投稿日時 - 2003-08-05 18:15:00

補足

早速のご返答ありがとうございました。
当社も床に水はまいて作業しております。

ダクトというのは具体的にどのようなものでしょうか? 当社ブースに排気設備、ブースの上には
給気設備はありますがそれとはまた別のものなのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-08-05 18:33:00

もう少し概要を知りたく。チエーンコンベア式の連続作業ですか、バッチ式の塗装ですか。塗装されるものはおよそどういうものですか。金属系ですか。
塗料はどういう系統でしょうか。
現状では塗装工程のブース内のほこりですか、焼付炉の範囲でしょうか。
ハンガーに工夫したり、ダクト内をプラス圧にしたりと対応が変ると思いますので、補足下さい。

投稿日時 - 2003-08-05 16:24:00

補足

ご返答ありがとうございます。説明不足で申し訳ありませんでした。

まず当社は金属メガネフレームに塗装をしています。ジグ(ハンガー)にメガネをつけバッチ式で行っています

塗料はほとんどがアクリル系の樹脂です。
ほこりについてはほとんどが塗装工程内のものと考えられます。

ベンチュリーブースにて塗装をしていまして
噴き手の真上から給気を行っています。
プラス圧というのがよくわかりませんが
ブース内から外に空気が流れる設定になっています。焼付け炉の中は定期的に掃除をしていますが
それらしきほこり(ごみ)などは見当たりません。

以上ご意見お待ちしております。

投稿日時 - 2003-08-05 18:30:00

あなたにオススメの質問