こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コンベアの共振

コンベアにアキュムレートを掛けると、共振が発生して困っています。振動の発生源は、主にアキュムレートしている部分の、ベルトと受け板の摩擦抵抗が過大で、そこからフレームに伝わっているものと思われます。コンベアの仕様は、押出しフレームで、搬送には布張りのタイミングベルトを使用しています。受け板はボンデ鋼板を使用していますが、相当摩耗しています。1ヶ月ほど前に発生し、摩擦抵抗を考慮して、搬送ベルトを両面布張りに変えましたが再発しました。ベルト受け板の材質や表面処理を換えてみようと思っています。耐磨耗性と低摩擦抵抗に優れた材質あるいは表面処理等についてご指導ください。また、共振についてもご存知の方がおられましたら宜しくお願いします。

投稿日時 - 2003-09-02 20:41:00

QNo.9440758

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

駆動部、フレーム等の剛性を上げれば共振は減少させることが出来ます。
また。ベルトの速度を上げる又は下げることで、現在共振している周波数から外すことが出来れば、現状でも共振は減少させられると思います。
ちなみに、何を搬送しているのでしょうか?
付着物などを気にしないのであれば、潤滑用に何かベルトに塗布することでも解消できるかもしれません。(タルクとか・・・)
以上ご参考まで。

投稿日時 - 2003-09-03 00:14:00

補足

搬送物はS45Cに窒化処理を施したもので、□120、t=20の上にチョコッとした治具を付けたパレット(W=5?f)が最大で5枚アキュームします。ご回答の中の「ベルト速度」は流れの下部との絡みで変えることは出来ません。また、潤滑剤ですが極力使用は避けて、摺動部の素材をどうにかしたいと考えております。(ラインが稼動すると24Hメンテナンスが出来なくなる条件下での仕様です)宜しくお願いします。フレームは補強する余地がありますので試してみます。有難う御座いました。

投稿日時 - 2003-09-03 08:57:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

コンベアのベルトは布張りタイミングベルト(歯つきベルト)でこれと受け板との間の乾性摩擦とベルトの伸びなどの共振と感じましたが、搬送ベルトを両面布張りにされたとのことでタイミングベルトの背の部分を布張りのものに変えたと解釈すると、タイミングベルトの歯の部分は、変更前と同じく受け板との間で摺動摩擦してるものと見られますのでこの部分にローラをいくつか配置して摩擦を減ずることも効果があると思います。

投稿日時 - 2003-09-03 11:06:00

 私は,回転機械の研究開発をしています。最近,大型の回転機械を受注して製作しましたが,振動速度が大きくて,1週間もがきました。コンベアには素人ですが,解決方法の参考になるかと思い回答します。

 共振ですから,使用回転速度が,コンベアのどこかの個所の固有振動数に近いか又は一致していることが原因です。原因を把握して,対策します。
 まず,コンベアを停止して,FFT解析器を使用して,いろいろな個所(上下,左右など,片っ端から)をハンマでたたいて,その振動を周波数分析して,共振個所を特定します。この時,ボルトの締め具合などは,あらかじめ,チェックしておきます。

 特定したら,次は対策です。ベルトと受け板の摩擦抵抗は,外力ですから,共振には影響を与えません。あくまでも,構成部品そのものに対策が必要です。

 コンベアには素人なので,具体的な対策は述べられませんが,剛性を上げるより,下げたほうが効果があることがあります。
 また,困っている程度によりますが,振動機器メーカに分析及び対策を依頼することも可能です。

投稿日時 - 2003-09-03 10:33:00

お礼

早速、振動測定機器メーカと相談して解析してみます。有難う御座いました。

投稿日時 - 2003-09-03 18:46:00

あなたにオススメの質問