締切り済みの質問

高周波焼入れ条件と非破壊検査方法

高周波焼入れ技術で焼入れ条件を知りたい
内径を焼入れする場合の
コイル形状と焼入れ温度と冷却速度と非破壊深さ検査方法

投稿日時 - 2002-02-21 00:39:00

QNo.9439579

暇なときに回答ください

  •   
  • 回答(2)

    ANo.2

    内径の場合銅パイプを巻いたスプリングのようなコイルが一般的ですが
    BEAT-Sさんも言うとおり補足説明が必要です

    投稿日時 - 2002-02-21 12:23:00

    ANo.1

     必要となるもの。
    ・ワーク材質
    ・硬化硬度
    ・硬化深さ
    ・マクロパターン
    ・ワーク形状/寸法
     パラメータ。
    ・コイル形状
    ・冷却ジャケット形状
    ・コイルクリアランス
    ・移動焼きor一発焼き
    ・発信器周波数
    ・発信器出力
    ・加熱時間
    ・冷却時間
    ・冷却材
    ・処理姿勢
     検査方法。
    ・過流探査法
     全てオープンにしないと、何方も回答できないと思います。

    投稿日時 - 2002-02-21 07:14:00

    あなたにオススメの質問